GTM-MML4VXJ
Skip to main content

仮想大部屋 3D瞬検

「3D瞬検」とは、3Dモデルを検索keyとして類似する形状の3Dモデルを検索するエンジンです。
図面番号や3Dモデルの属性を知らなくても、類似する形状の3Dモデルを検索することができます。
AI技術の適用で、高精度・高速な検索を実現しています。

このような課題を抱えていませんか?

  • 同じような部品が過去に作られているかを調べたいが、図番がわからない。
  • 同じような部品のコストやトラブル情報を調べるのに時間がかかる。
  • 製品を開発する都度、似たような形状の部品を新規設計している。

「3D瞬検」による課題解決

  • 図番で調べるのではなく、類似する形状の3Dモデルデータを検索Keyにして検索。
  • 部品のコストやトラブル情報を3Dモデルと関連付け。部品を指定して形状の類似する3Dモデルのコストやトラブル情報を取得。
  • 過去に設計された形状の類似する部品を棚卸。部品標準化に活用。

特長

  1. 3Dモデル、もしくは、カメラ画像から、形状の類似する3Dモデルを検索。
  2. 形状検索を利用するための汎用的なWebAPIをご提供。お客様ご利用の3DCAD/ビューアに連携可能。
    ※カメラ画像を利用した検索機能は、個別のカスタマイズ対応となります。
    ※検索用UIは別途開発が必要となります。

特長

活用例

WebAPIを実装した汎用的な形状検索エンジンで、様々なソリューションに活用できます。

1. 類似形状部品に紐づけした設計ノウハウを検索(仮想大部屋 Knowhos share)

類似形状部品に紐づけした設計ノウハウを検索(仮想大部屋 Knowhos share)

2. 検証対象の部品を自動で検出し、設計ルールをチェック
ネジ・ナットにおける自動検証(富士通のノートPC開発の事例で検証工数 10%削減)

検証対象の部品を自動で検出し、設計ルールをチェック

※自動検証ツールは、お客様の設計ルールに合わせて、別途開発が必要となります。

動作環境

注意事項
※ 記載の動作条件はマシン固有の条件などによって異なる場合がございます。
※ 仮想大部屋 3D瞬検をご購入いただく場合には、詳細及び最新情報を弊社までお問合せください 。
※ 記載の動作条件は仮想大部屋 3D瞬検が動作するための必要な条件を示したものですが、動作の保証を行うものではございません。

OS Microsoft® Windows Server® 2012 R2*1
Microsoft® Windows Server® 2016*1
ハードウェア PRIMERGYおよびCELSIUSなどのワークステーションクラス以上のPC/AT互換機
CPU Intel Xeon® CPU 2.4GHz 以上,クアッドコア搭載推奨
メインメモリ 32 GB 以上推奨*2
グラフィック NVIDIA® Tesla® もしくは NVIDIA® Quadro® Kシリーズ以降必須

*1 仮想環境であることに起因した問題が発生する可能性があるため、仮想環境でのご利用は保証対象外です。
*2 登録する部品点数に依存します。