構造解析ソリューション
FUJITSU Technical Computing Solution LS-DYNA

FUJITSU Technical Computing Solution LS-DYNA(エルエスダイナ)は、陽解法により構造物の大変形挙動を、時刻履歴で解析するプログラムです。
衝突/衝撃解析、落下解析、塑性加工解析、貫通/破壊解析などに威力を発揮し、これらの分野では世界有数の導入実績を誇る信頼性の高いプログラムです。
世界トップクラスの機能と優れた性能を、パソコン、ワークステーションからスーパーコンピュータまで幅広い環境で提供し、自動車、機械、電機、精密機器、重工業、土木、建設などのさまざまな分野で、製品の安全性対応や高品質化、開発コスト削減に活用されています。

イベント

LS-DYNAアドバンストコース エラー対策編 Webセミナー

  • 開催日:2020年9月25日 金曜日 13:00~17:00
  • 会場:(Webセミナー)

富士通のLS-DYNAソリューション

クラウドでの実行環境をご提供

富士通では、LS-DYNAをクラウドで利用できる環境をご提供しています。
お客様は、PCクラスタなどのハード資源を保有しなくとも、必要なときに、必要なだけの解析計算を行うことが可能です。

ハードからソフトまでのトータルサポート

富士通は、LS-DYNAサポートセンターでお客様への技術支援や業務改善へのコンサルティングを行います。また、全国サポート拠点により、ハードウェアおよびOSを含めて、富士通グループがトータルにサポートします。

LS-DYNAに関する豊富な実績とノウハウ

  • 約20年に及ぶ非線形動的構造解析の実績とノウハウ
  • 多数のライセンス導入実績
  • お客様業務(自動車、自動車部品、電気機器、精密機器 等)に精通した人員によるサポート
  • お客様のさらなる解析ニーズに向けた大規模並列化に向けた取組み(1000万要素、512超並列)
  • スーパーコンピュータ、PCクラスタからPCまで、幅広いプラットフォームに対応した技術支援

トータルサポート

  • 富士通に蓄積されている独自技術を開発元であるLST(Livermore Software Technology)社に提供し、新機能を追加しています。
    • r-adaptive機能(Adaptive option 8)
    • Pinball Contact(Soft constrain type 2)
    • MAT_MODIFIED_PIECEWISE_LINEAR_PLASTICITY(弾塑性材料の破壊)
    • 二次元解析機能、倍精度化 等
  • 開発元(LST社)との強い連携により富士通ならではの最新情報をお客様に提供しています。
    • 富士通LS-DYNAセミナー[年1回]
    • ニュースレター[月2回以上]
      • レベルアップ・新商品等の商品情報
      • 各種講習会やセミナーの情報
      • 関連製品ご利用におけるお役立ち情報
    • 並列化における解析ノウハウ
    • 高速化のためのデータ分割方法 等
  • 開発元(LST社)と定期的に技術交流を行っています。

LS-DYNAの特長

大規模モデルにも対応

  • 大変形、弾塑性、動的接触も短時間で計算
  • 衝突/衝撃、落下、塑性加工、貫通/亀裂/破壊などに対応
  • 計算に必要なメモリや作業ファイルが少なく大規模モデルにも対応
  • MPP、SMPでの並列計算機能により計算速度の向上が可能

トップレベルの機能を豊富に装備

  • 200種類を超える幅広い材料モデル、利用者独自の材料モデルも定義可能
  • 豊富な接触条件やH-adaptive/R-adaptiveのメッシュコントロール
  • 陰解法による構造解析や流体/熱と構造の連成機能も備え幅広いニーズに対応
  • CADや他の構造解析ソフトの入力データとのインターフェース

世界有数の導入実績

  • 衝突/衝撃解析や塑性加工解析の分野で世界有数の導入実績
  • 世界中で実験と比較、検証している信頼性の高いプログラム
  • Inventium PreSys、MSC.Patran、HyperMesh、I-DEASなど、著名なプリポストプロセッサがインターフェースを用意

LS-DYNAの主な機能

解析機能

  • 動的非線形
  • 熱解析
  • 流体/熱/音響などの構造連成問題
  • 接触
  • リアルタイムな音響効果
  • 貫通/亀裂/破壊
  • 流体解析(オイラー、ALE)
  • 準静的現象

材料モデル

  • 弾性、弾塑性、粘弾性、ゴム、フォームラバー、ガラス、コンクリート、繊維など、200種類を超える金属/非金属材料モデルが用意されています。
  • 利用者が独自に材料則を定義することもできます。

要素ライブラリ

  • 通常の要素の他にバネ、ダンパー、剛体、溶接などさまざまな要素ライブラリも用意されています。

操作性や計算速度を考慮した機能

  • アダプティブ法、サブサイクリング法、リスタート機能などの操作性や計算速度の向上を目指したさまざまな工夫がなされています。

インターフェース

  • Inventium PreSys,MSC. Patran,HyperMesh,I-DEASなど、著名なプリポストプロセッサとのインターフェースが用意されています。
  • CADデータや他の構造解析ソフトの入力データとのインターフェースも用意しています。

プリポストプロセッサ

  • 標準でプリポストプロセッサ:LS-PREPOSTが添付されています。

LS-DYNAのサービス

インストールサービス

LS-DYNAをインストールして利用可能な状態に設定します。

初期導入教育サービス

LS-DYNAについての講義と例題を用いた実習を行います。

プログラムサポートサービス

LS-DYNAをご利用頂くため、以下の保守サポートサービスを提供しております。これらのサービスはLS-DYNAサポートセンターが担当します。
[ご注意] ユーザ登録等の手続きが必要になりますので、弊社担当営業/SEにお問合せ下さい。

  • LS-DYNAの最新版、修正情報の提供
  • ご質問対応(Q&A)
    • 電子メール、電話により、LS-DYNAに関するご質問をお受けします。
  • 開発元への改善要求
    • LS-DYNAの開発元であるLST(Livermore Software Technology)社に、お客様のご要求・ご要望への対応を依頼します。
  • 情報提供
    • ニュースレター[月2回]
      レベルアップ・新商品等の商品情報 / 各種セミナーの情報 / 関連製品ご利用におけるお役立ち情報
    • 専用ホームページによる情報提供
      FAQ(よくあるご質問) / 解析事例 / ダウンロード(レベルアップ版、その他資料)
      [補足]本サービスをご利用頂くためには、会員IDとパスワードが必要になります。詳細は弊社担当営業またはSEにお問合せ下さい。
    • 技術セミナー
      ユーザ会の実施(開発元からの情報・ユーザ事例)[年1回]
      個別の解析セミナーの開催[不定期]

受託解析サービス

モデルの作成から解析の実行まで、ニーズに合わせた業務を受託します。

コンサルティングサービス

お客様の業務へのLS-DYNA適用に関する技術支援を行います。
上記の他、各種サービスにつきましては、富士通グループで運営するCAESEKI.com(カイセキドットコム)で、承ります。

    • 動作環境

      PCワークステーション CELSIUS 、PC/AT互換機

      OS Windows10(64bit)、Linux(64bit)
      (注)その他のOSについては、お問い合わせください。
      CPU Core iシリーズ以上
      メモリ容量 2GB以上
      ディスク容量 10GB以上
      グラフィックス OpenGL対応グラフィックボード

      PCサーバ FUJITSU Server PRIMERGY、UNIXサーバ SPARC Enterprise

      OS Windows10(64bit)、Linux(64bit)
      (注)その他のOSについては、お問い合わせください。
      CPU Core iシリーズ以上
      メモリ容量 2GB以上
      ディスク容量 10GB以上
      グラフィックス OpenGL対応グラフィックボード

      スーパーコンピュータ

      動作機種

      HP, IBM, SGI, SUNの各社UNIX/Linuxワークステーション

      詳細は下記より問い合わせください。

      価格

      標準価格

      LS-DYNA 300万円(税別)~
      (注)コア数に応じて変動。
      インストールサービス 20万円(税別)~
      初期導入教育サービス 30万円(税別)~
      保守サポートサービス 90万円(税別)~
    • プレス成形解析システム

      eta/DYNAFORM

      eta/DYNAFORMは、解析部として塑性加工解析ソフトとして有名な非線形動的構造解析ソフトウェア「LS-DYNA」を内蔵し、プレ/ポスト部には板成形ならではの便利な機能を搭載した、板成形加工解析向け統合システムです。

      プリポストプロセッサ

      Inventium PreSys

      Inventium PreSys(インベンティアム プレシス)は、有限要素法解析プログラム用のプリ・ポストプロセッサです。各種の著名ソルバに対応していますが、特にLS-DYNA向けには、落下解析や衝突/乗員安全解析に特化した機能を保有し、より効率的、効果的な解析業務を行うことが可能です。

      HyperWorks

      HyperWorksは、大規模解析モデルの複雑なデータ構造に対応する数少ないCAEモデリングシステムのひとつです。
      LS-DYNAのプリポストプロセッサとしても定評があり、様々な分野のお客様に広く活用されています。

「テクニカルコンピューティング」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ