GTM-MML4VXJ
Skip to main content

デジタルマーケティング コラム

デジタルマーケティング実践に役立つコラムをご紹介します。

デジタルマーケティングに関するコラム

インターネットやデータ分析を駆使した最先端のマーケティング手法について、企業の活用事例を交えながら富士通総研 田中 秀樹が解説します。

マーケティング3.0

「マーケティング3.0」とは、“マーケティングの大家”フィリップ・コトラー、ヘルマワン・カルタジャヤとイワン・セティアワンによって提唱されたソーシャルメディア時代のマーケティングの考え方です。「マーケティング3.0」の基本について解説します。

O2O(Online to Offline)

「O2O」とは、Online to Offlineの頭文字を取ったもので、「インターネット(オンライン)の活動を実店舗(オフライン)に活かすこと」を意味します。「O2O」の効果について、具体的な事例も交えながら解説します。

ソーシャルリスニング

「ソーシャルリスニング(Social Listening)」とは、Twitterやブログなどソーシャルメディア上で交わされるユーザーの自然な会話を収集・分析し、リスク管理や商品開発などのビジネスプロセスで活用することです。「ソーシャルリスニング」から得られる価値や活用領域について解説します。

マーケティングオートメーション01

「マーケティングオートメーション(MA: Marketing Automation)」とは、個別メールの配信やアクセス分析など、マーケティング活動における手間のかかるルーティン作業を自動化することです。「マーケティングオートメーション」の概要について解説します。

デザイン思考

「デザイン思考(Design Thinking)」とは、デザイナーの感覚と手法をビジネスに利用できるように体系化したものです。「デザイン思考」の基本について解説します。

機械学習のマーケティング適用 ~ユーザー行動を読み解いてビジネスに役立てる~

「顧客の行動を分析し理解を深め、最適な商品や情報をレコメンドする際に、機械学習(Machine Learning)」を活用するなど、マーケティング分野での適用事例をご紹介いたします。

インサイドセールス ~ホットリードを見極める効果的な手段~

電話やEメールなどの非対面チャネルを使った営業活動「インサイドセールス」が関心を集め始めました。デジタルマーケティングを活用したインサイドセールスの事例について具体的にご紹介します。

マーケティングオートメーション02:BtoB企業が成果を挙げるために必要なこと

BtoB企業を中心として、マーケティングオートメーション・ツールを導入する企業が増えています。ただ 活用できている企業とそうでない企業で二極化が進んでいるようです。調査結果も交え、マーケティングオートメーション活用の秘訣をご紹介いたします。

BtoBマーケティングで効果を挙げるコンテンツの作り方

デジタルマーケティングの実践において、マーケティングオートメーションの導入後に「コンテンツ」がないという話をよく聞きます。具体的にどのような「コンテンツ」が必要なのか事例を交えてわかりやすくご紹介いたします。

ビジネストレンド・先進技術に関するコラム

企業が注目するビジネス成長戦略や新しいビジネスモデルを支える先進技術について、企業の取組み事例を交えながら富士通総研 田中 秀樹が解説します。

カスタマー・ジャーニー

「カスタマー・ジャーニー(Customer Journey)」とは、ユーザーがどのような接点を経て商品やサービスを購入するか、というプロセスを旅に例えた言葉です。「カスタマー・ジャーニー」を作成する意味や目的について解説します。

リードナーチャリング

「リードナーチャリング」とは、見込み客(lead: リード)を育成 (nurturing: ナーチャリング)して受注に結びつけるプロセスの管理手法のことです。「リードナーチャリング」の意味や基本について解説します。

DMP(Data Management Platform)

「DMP(Data Management Platform: データ・マネジメント・プラットフォーム)」とは、広告主を中心とした事業会社が、自社と外部の様々なデータを一元管理・分析する基盤のことです。「DMP」の意味について解説します。

人工知能(AI)

「人工知能(AI: Artificial Intelligence)」とは、「まるで人間のようにふるまう機械」のことです。デジタルマーケティング分野における「人工知能(AI: Artificial Intelligence)」の概要について、事例を交えながら解説します。

アカウント・ベースド・マーケティング ~デジタルで営業方法を進化させる~

アカウント・ベースド・マーケティング(Account-Based Marketing:ABM)」とは、大口顧客など対象を特定の企業(アカウント)に絞って個別アプローチするBtoBのマーケティング手法です。ここではデマンドジェネレーシヨンと比較しながらわかりやすく解説いたします。

デジタル革新~グローバルで既に89%の企業が取り組みを始める

人工知能(AI)やIoTなどデジタル技術が急速に進歩し、これらの技術を使ってビジネスを大きく革新させ始めました。このデジタル革新に多くの企業が取り組んでいます。富士通が2017年2月に実施した「グローバルデジタル革新調査」から、デジタル革新の実態を紹介します。

ワークショップ: 多様なメンバーと体感しながら短期間で集中検討

新規事業のアイディア創出や業務改善などでワークショップを活用する企業が増えています。「デザイン思考」を取り入れ、最先端テクノロジーを体感できる「場」で開催する新たなアプローチ手法をご紹介いたします。

オムニチャネルに関するコラム

大手小売企業が相次いで戦略や取組みを強化したことで、 オムニチャネルの注目度が高まっています。オムニチャネルについて、具体的な取組み事例を交えながら、富士通総研 田中 秀樹が解説します。

オムニチャネル

「オムニチャネル」とは、顧客との接点になっている全てのチャネルを融合させることです。「オムニチャネル」の意味や、他の顧客接点チャネルとの違いについて解説します。

小売店舗のデジタル化:デジタル技術でビジネスを革新する

AIやビッグデータといったデジタル技術はオンライン上のビジネスで活用されるだけでなく、リアルでも活用されてビジネスを革新しています。小売店舗を取り上げて、デジタル技術によるビジネス革新の事例を具体的に紹介します。

製造業のEC~売上拡大以外の目的とは

売上拡大以外の課題解決のため製造業でもECサイトを構築し、成果を挙げている企業が増えています。その課題と解決策について具体的にご紹介していきます。

株式会社富士通総研 ビジネス調査室 田中 秀樹
マーケティング戦略支援コンサルティング業務に従事。ネットビジネス領域では、ビジネストレンドと生活者動向を踏まえた上で、ECビジネスや企業のWebサイト活用を支援。
著書に『インターネット広告実践法』(共著)の他、『インターネット白書』等、寄稿も多数。

デジタルマーケティングソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)