FUJITSU Future Mobility Accelerator
Security Solutions
KeyGuardian™

自動車のサイバーセキュリティ対策に必要な
「暗号鍵」の
生成や保管・配信機能を
ご提供するサービス

現状と市場背景

  • 自動車のソフトウェアリッチ化/コネクテッド化が進み、サイバー攻撃の脅威が年々高まっています。
    WP.29規則や車両法改正により、自動車メーカー/サプライヤはサイバーセキュリティ対策の実施が急務となっております。
  • 車両/部品への不正アクセスや改ざんなどのサイバー攻撃を防ぐため、様々なセキュリティ対策を行う上で、暗号鍵が必要になっています。

KeyGuardian™(鍵管理サービス)

自動車業界における暗号鍵管理

自動車のエレクトロニクス化が進み、走る・曲がる・止まるといった基本性能をつかさどるECUをサイバー攻撃から防ぐ必要があります。 ECU間の通信の改ざんやなりすましへの対策、搭載されるソフトウェアの暗号化・署名などに使用されるものが暗号鍵となります。 鍵管理はこうした暗号鍵を生成し、安全に保管、配信を行うためのシステムです。

サービス概要

自動車のサイバーセキュリティ対策に必要な「暗号鍵」の生成や保管・配信機能をご提供するサービスです。
長期におよぶ自動車のライフサイクルに合わせた「暗号鍵」管理をサービスとしてご提供します。
可用性、脆弱性対策などセキュリティを最重要視した高信頼サービスにより安全にご利用になれます。

  1. 導入コンサルティングサービス

    当社の事例と知見を通じて、お客様の実情に即した鍵管理システムの導入を支援します。

  2. 鍵生成/保管

    生成した暗号鍵だけでなく、自動車メーカーなど複数の取引先から配布される多様な鍵を安全に管理します。

  3. 接続ツール認証

    暗号鍵を生成し、診断/解析機器(接続ツール)をECUと接続してよいか判断するため、接続ツールの認証に必要なデジタル署名を付与します。

  4. ソフト暗号化・署名

    暗号鍵を生成し、ソフトウェアを暗号化、デジタル署名を付与します。

KeyGuardian™(鍵管理サービス)の特長

信頼性

  • クラウド上に構築したセキュアな領域にて、安全に鍵を長期間保官
  • バックアップ、災害対策等可用性を最重要視した設計

機能

  • 新たな鍵(暗号技術)の動向に合わせて機能拡充を実施
  • SHE規格※1への対応、HSM運用※2など車載機器を支えるセキュリティプラットフォーム

サポート

  • お客様の業務要件を踏まえた最適な鍵管理の方式選定や本サービスの導入に向けたコンサルティングをご提供
  • 24時間365日のサポート体制によるお客様運用負荷を軽減

コスト

  • 必要な時期及び短い導入期間でご利用開始が可能
  • 機能や保存領域など、ご利用用途に応じてメニューをご選択
  • 鍵保管数や利用拠点数など、ご利用規模に応じたプライシング
  • ※1
    SHE : Secure Hardware Extension ·· 車載セキュリティEVITA準拠の標準規格
  • ※2
    HSM : Hardware Security Module ·· クラウドのハードウェアセキュリティモジュールであり、クラウドで暗号鍵を安全に生成、管理

鍵管理対策診断

今後の車両/部品におけるセキュリティ強化に向けての改善ポイントをかんたんチェック
他社の取り組み状況と比較し、自社の取り組み度や課題をチェックできる診断ツールです。
これから鍵管理を始める自動車メーカー様/サプライヤ様も、対策ポイントをクイックに確認できます。

FUJITSU Future Mobility Accelerator に関するお問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ
Webでのお問い合わせ
ページの先頭へ