LGWAN向け「アップデートサーバ運用サービス」

LGWAN環境で万全なパソコン対策

概念図

  • (注)
    Trend Micro編につきましては、PCタイプは提供しておりません

LGWAN(総合行政ネットワークの総称)環境にあるPCは、インターネットを利用して、パターンファイル、アップデートファイルを更新していくことは、LGWANの性質上、困難です。LGWAN向け「アップデートサーバ運用サービス」をご利用いただくことで、インターネットに接続しなくてもLGWAN内で対象ソフトウェアのファイルを自動更新し、万全なパソコンセキュリティ対策の実施が可能となります。

LGWAN(Local Government Wide Area Network):
地方公共団体の組織内ネットワークを相互接続することにより、情報の高度利用を目的とした、高いセキュリティを維持した行政専用のネットワークです。
また、LGWAN内において、行政事務を目的とするアプリケーション・サービスを提供するサービスは、LGWAN-ASP(Application Service Provider)サービスと呼ばれます。

こんな課題にお悩みではありませんか?

LGWAN環境にあるPCのOS、ウイルス対策を最新状態に保ちたい

課題   課題達成を阻む問題点
アップデートを随時に行いたい arrow インターネット接続ができない
アップデートを自動化したい arrow CDをその都度用意し、配布している
作業工数を削減したい arrow アップデート作業が追いつかない
アップデート状況を管理したい arrow 随時アップデート、アップデートの自動化ができないため、結果的にアップデートの版数がPC毎にバラバラになってしまう

特長

WSUSを用いてWindows OSやOfficeのセキュリティ更新プログラムのダウンロードが可能

アンチウイルスアップデートはSophos社、トレンドマイクロ社に対応

お客様PCが直接アクセスする「PCタイプ」と、お客様に設置のアップデートサーバと連携する「サーバタイプ」の2タイプを用意

FENICSネットワークサービスに関するお問い合わせ

  • lgwan-top.jpg
  • arrow.gif
ページの先頭へ