チューニング ~ データベースチューニング ~
PostgreSQLインサイド

データベースのチューニングとは、データベースの性能維持または向上を阻害するボトルネックを見つけ、その原因を調査し、解決していくことです。ここでは、チューニングの1つである「データベースチューニング」について解説します。

1. データベースチューニングとは

データベースチューニングは、サーバーの性能を最大限に利用できるようにデータベースシステムが使用するメモリー使用量を最適化し、ディスクI/Oを減らすことを目的としています。システム構成や運用内容に応じて、セットアップ時の初期設定の段階で実施しておくことができます。
データベースチューニングの解説を始める前に、まず、データベースチューニングの前提となるメモリーとディスクI/Oについて簡単に説明した後、実際のチューニング方法を説明していきます。

1.1 メモリーとディスクI/O

PostgreSQLがデータベースにアクセスする場合、まずディスク上の必要なデータを共有メモリー上の共有バッファーに読み込みます。そして共有バッファー上のデータを読み書きすることで処理を行います。その後、また同じデータにアクセスする必要が生じた場合には、ディスクにアクセスするのではなく、すでに共有バッファー上に読み込まれているデータに対してアクセスすることで、ディスクI/Oを低減させています。
トランザクションログに関しても同様で、データ更新の記録であるトランザクションログは、一度、共有メモリー上のトランザクションバッファーにためられ、その後、ディスク上のトランザクションログファイルに書き込まれます。トランザクションログファイルに書き込まれるタイミングは、トランザクションがコミットされた場合と、トランザクションログバッファーが満杯になった場合です。
また、作業メモリーは、バックエンドプロセス(注1)ごとに確保されるメモリーです。ソート処理やテーブル結合などで使用されます。作業メモリーが不足すると、ディスク上に作業ファイルが作成され、作業ファイルに対するディスクI/Oが発生してしまいます。

  • 注1
    クライアントからの接続要求を受けたときに生成されるプロセス。SQLはこのプロセス内で実行される。

データベースチューニングでは、これらの仕組みをもとにメモリーを適切に割り当てて、ディスクI/Oを減らすことで、データベースの処理性能を高めていきます。

1.2 データベースチューニングの方法

データベースチューニングの方法は、postgresql.confファイルのパラメーターチューニングです。postgresql.confには多くのパラメーターがありますが、以降では、データベースチューニングで有効なパラメーターを以下のカテゴリーに分けて説明していきます。

カテゴリー パラメーター名
接続 max_connections
メモリー shared_buffers
work_mem
maintenance_work_mem
トランザクションログ(WAL) wal_buffers
max_wal_size
checkpoint_timeout
自動バキューム処理 autovacuum_work_mem
autovacuum_vacuum_threshold
autovacuum_vacuum_scale_factor
ロック処理 deadlock_timeout

なお、ここでは、PostgreSQL 10で設定可能なパラメーターを説明しています。また、各パラメーターのデフォルト値は、PostgreSQL 10でのデフォルト値を記載しています。

参考

FUJITSU Software Enterprise Postgresでは、運用管理ツール「WebAdmin」を使用してデータベースクラスタを作成した場合、FUJITSU Software Enterprise Postgresが運用に最適な値を各パラメーターに自動設定します。必要に応じて、WebAdminでのパラメーターチューニングも可能です。

2. パラメーター

データベースチューニングで有効なパラメーターを説明します。

2.1 接続に関するパラメーター

max_connections

PostgreSQLに同時に接続できるクライアントの最大数です。デフォルト値は、100です。値を大きくするとメモリー使用量が増え、性能に影響する可能性があります。これは、PostgreSQLに接続するたびに新しいサーバープロセスが起動されるためであり、共有メモリーやセマフォをチューニングする必要があります。業務にあわせて適切な接続数を設定することが重要です。

2.2 メモリーに関するパラメーター

shared_buffers

共有バッファーのサイズです。デフォルト値は、128メガバイトです。デフォルト値が比較的小さく設定されているため、物理メモリーが1ギガバイト以上搭載されているマシンの場合、その25%程度の値を設定することを推奨します。共有バッファーを利用することで処理効率の向上が見込まれますが、大きすぎるとバッファー検索に時間がかかる、また、メモリー領域を圧迫してディスクスワップが発生するなど、逆に性能劣化となる可能性があるため、設定値については、検証を実施しながらチューニングする必要があります。

参考

pg_stat_databaseビューのblks_read(ディスクから読み込んだブロック数[ディスクI/O発生])とblks_hit(バッファーにヒットしたブロック数)から、キャッシュヒット率が確認できます。以下のSQLを実行します。pg_stat_databaseビューについては、「PostgreSQL文書」を参照してください。

【SQLの例】

SELECT datname,blks_read, blks_hit, round (blks_hit * 100 / (blks_hit + blks_read),2) AS hit_ratio FROM pg_stat_database WHERE blks_read > 0;

work_mem

問い合わせ実行時に、ソートやハッシュテーブル操作のために使用される作業メモリーのサイズです。デフォルト値は、4メガバイトです。work_memの値を大きくすることで、問い合わせ性能の向上が見込まれます。しかし、work_memの値が大きいと、接続数や問合せ内容に比例し、必要となるメモリーが大きくなり、メモリーが枯渇する可能性があります。最大でも「(物理メモリー - shared_buffersの値) ÷ max_connectionsの値」以下の値を設定します。複雑な問い合わせの場合、問い合わせの中でソートやハッシュが複数回実行されることがあります。この場合、設定されたwork_memの値の数倍のメモリーが必要となり、メモリー不足から性能劣化を招く可能性があるため注意が必要です。

maintenance_work_mem

VACUUM、CREATE INDEX、およびALTER TABLE ADD FOREIGN KEYなどの保守操作のために使われる作業メモリーのサイズです。デフォルト値は、64メガバイトです。作業メモリーを大きくすることで、手動バキュームやインデックス作成などを高速に行うことが可能です。

2.3 トランザクションログ(WAL)に関するパラメーター

トランザクションログに関するパラメーターでは、まず「チェックポイント」について理解しておく必要がありますので、「チェックポイント」を簡単に説明します。PostgreSQLでは、共有バッファー上の更新データを頻繁にディスクに書き込みません。しかし、何らかの障害が発生し、共有バッファーの更新データが消えてしまったという事態に備えて、ディスク上のトランザクションログファイルにトランザクションログを書き込むことで障害発生時のデータ信頼性を確保しています。ただし、トランザクションログも無限にためられるわけではなく、どこかのタイミングで制御する必要があります。このタイミングが「チェックポイント」です。
チェックポイントでは、共有バッファー中の更新データをディスクに反映するとともに、不要なトランザクションログを削除しています。チェックポイントはディスクへの書き出しを行う処理のため、頻発すると性能低下の原因となります。そのため、「チェックポイントをどの程度の間隔で発生させるか」という設定が重要となります。この設定は、max_wal_sizeとcheckpoint_timeoutで設定します。max_wal_sizeまたはcheckpoint_timeoutのどちらかの閾値に達すると、チェックポイントが発生し、共有バッファー上の更新データがすべてディスクに書き出されます。そのため設定値を小さくすると、頻繁にディスクI/Oが発生してしまいます。一方、値を大きくしすぎると、リカバリーに必要な更新データをトランザクションログとして保持していることになり、リカバリー時間が長くなる可能性があります。

wal_buffers

トランザクションログバッファーのサイズです。デフォルト値は、shared_buffersの値の32分の1です。トランザクションログは、トランザクションがコミットするたびにディスク上のトランザクションログファイルに書き込まれるため必要以上に大きな値を設定する必要はありません。しかし、頻繁にデータ更新が発生するトランザクションを実行した場合や多数のトランザクションを同時に実行した場合など、未書き込みのトランザクションログでトランザクションログバッファーが満杯になってしまうことがあります。このような場合、トランザクションのコミットを待たずに、たまったトランザクションログをすべてディスクに書き出すといったディスクアクセスが発生してしまいますので、値を大きくします。

max_wal_size

チェックポイント処理を行う契機となるトランザクションログのサイズです。デフォルト値は、1ギガバイトです。ここで指定するサイズ分のトランザクションログがトランザクションログファイルに書き込まれるとチェックポイント処理が行われます。ログメッセージに以下のメッセージが出力されている場合は、チェックポイントが頻発していることを示していますので値を大きくします。

LOG:  checkpoints are occurring too frequently (19 seconds apart)
				HINT:  Consider increasing the configuration parameter "max_wal_size"

checkpoint_timeout

チェックポイント処理を行う間隔を時間で指定します。デフォルト値は、5分です。デフォルト値は短めの設定となっているため、30分を初期値として設定することを推奨します。値の設定には、前述したようにリカバリー時間の考慮が必要ですが、データの更新が少ない場合は、トランザクションログ量が少ないため、比較的長めの値を設定することができます。

2.4 自動バキューム処理に関するパラメーター

PostgreSQLでは、ディスク内のテーブルのデータに対して更新や削除をしても、それらのデータには削除フラグが設定されているだけで、更新前のデータが元の場所に残っています。更新後のデータは、新たなデータとして末尾に追加されていきます。これは、「追記型アーキテクチャ」と呼ばれるしくみです。PostgreSQLでは、追記型アーキクテクチャーの採用により、同じデータに対する更新処理と参照処理が同時に実行できるMVCC(MultiVersion Concurrency Control:多版型同時実行制御)を可能にしています。削除フラグがつけられた更新前のデータを参照するトランザクションが存在しなくなると、このデータ領域は、不要な領域として扱われます。不要な領域が増えると、ファイルサイズが大きくなるとともに、共有メモリーにキャッシュがされにくくなり、ディスクアクセスが増加することで性能低下につながります。ファイルサイズが無制限に増加しないよう、この不要な領域を再利用可能な状態に変更する処理が「バキューム処理」です。

バキューム処理は、通常、自動バキューム機能により自動的に行われますが(postgresql.confのautovacuumパラメーターのデフォルト値が有効)、より効果的に行われるように、自動バキュームに関するパラメーターを調整します。

autovacuum_work_mem

自動バキュームで使用する作業メモリーのサイズです。デフォルト値は、maintenance_work_memの設定に従います。作業メモリーが不足すると、バキュームにかかる時間が増えるため性能が低下します。自動バキュームの実行ログを参照し、インデックススキャンが2以上であるような場合は、メモリーを増やすと効果的です。自動バキュームの実行ログ出力は、postgresql.confのlog_autovacuum_min_durationパラメーターで設定します。

【自動バキュームを実行した際のログ出力例】

Log: automatic vacuum of table "mydb.public.sales": index scans: 2
				                            :

autovacuum_vacuum_threshold / autovacuum_vacuum_scale_factor

autovacuum_vacuum_thresholdは、自動バキューム処理を行うかどうかの閾値となる更新行数です。デフォルト値は、50行です。autovacuum_vacuum_scale_factorは、自動バキューム処理を行うかどうかの閾値となる更新データの割合です。デフォルト値は20%であり、これは、テーブルの20%が不要な領域となったことを示します。自動バキューム処理は、テーブル内で更新された行数が、「autovacuum_vacuum_thresholdの値 + autovacuum_vacuum_scale_factorの値 × テーブルの行数」 の 閾値を超えたときに実行されます。autovacuum_vacuum_scale_factorでは割合を指定するため、バキューム処理の対象となる不要な領域の行数は、テーブル内の全体行数に依存し、テーブルの行数が多いほど、バキューム処理に時間がかかります。行数が多いテーブルの場合は、autovacuum_vacuum_scale_factorに小さい値を設定し、少ない頻度でバキューム処理を実行させると効率的です。ただし、postgresql.confファイル内でパラメーターを設定すると全テーブルが対象となってしまいます。バキューム処理の実行契機をテーブルごとに制御できるように、ALTER TABLE文を使用してテーブル単位での設定を推奨します。

2.5 ロック処理に関するパラメーター

PostgreSQLでは、複数のトランザクションが同じデータを更新する「ロック待ち」が発生すると、それがデッドロック(決して解除されることのないロック)かどうかを検出するための処理が実行されます。デッドロックの検出処理は、データベースに対して負荷がかかる処理であり性能低下の原因となり得ることから、デッドロック検出処理開始の猶予時間を設定します。

deadlock_timeout

デッドロック検出処理を待機する時間です。デフォルト値は、1秒です。データ更新が頻繁に発生するような高負荷なシステムでは、ロック待ちの時間が長くなることが多く、デッドロック検出処理が頻繁に行われてしまう可能性があるため、「デフォルト値(1秒) × 同時セッション数」の設定を推奨します。

ここでは、データベースチューニングを解説しました。性能劣化がおきないように、システム規模や運用要件にあわせて、適切なパラメータチューニングを実施してください。

2019年3月26日公開

関連セミナー

オンデマンド(動画)セミナー

    • PostgreSQLに関連するセミナー動画を公開中。いつでもセミナーをご覧いただけます。
      • お客様事例から見えてきたDX、クラウドに最適な データベースを解説 ~ Enterprise Postgresが選ばれる理由 ~
      • 【事例解説】運送業務改革をもたらす次世代の運送業界向けDXプラットフォームの構築
      • ハイブリッドクラウドに最適なOSSベースのデータベースご紹介
      • ポータビリティと自動化に優れるコンテナ型データベース ~ FUJITSU Software Enterprise Postgres ~

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ