イメージバックアップソフトウェアFUJITSU Software SystemcastWizard Professional
Extended Partitioning機能を使用したシステムをバックアップ/リストアする場合のCPUコア数割り当てに関する留意事項

対象製品

  • SystemcastWizard Professional V6.0L10以降の全VL

概要

PRIMEQUEST 2000 シリーズにおいて、Extended Partitioning機能を使用したシステムを対象製品にてバックアップ/リストアする場合、バックアップ/リストア実行前に、CPUコア数の設定が必要です。この設定が異なると、Windows PEの起動に失敗し、バックアップ/リストアのリクエストがタイムアウトエラーになる場合があります。

設定内容

  • バックアップ/リストア対象システムのCPUコア数の割り当てを 1 に設定してください。

設定手順

設定手順については、以下のマニュアルを参照してください。

  • FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000 シリーズ 導入マニュアル
    (CA92344-0526)
    • 3.5.3 拡張パーティションへのSB資源の割り当て

マニュアルは下記で公開されています。
PRIMEQUEST 2000シリーズ ハードウェアマニュアル

補足

バックアップ/リストア実行後、CPUコア数の割り当てを元に戻してください。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

SystemcastWizard Professional に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
SystemcastWizard Professional Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ