• primecluster_pamphlet.pdf

高信頼基盤ソフトウェアFUJITSU Software PRIMECLUSTER
機能 - Cloud Editionの機能 -

PRIMECLUSTERは、サーバー、ストレージ、ネットワークなどのシステム構成要素を冗長化し、お客様の重要なシステムの運用を継続できます。

パブリッククラウドで必要な障害対策

パブリッククラウドでは、物理ホスト、ネットワーク、ストレージなどのインフラストラクチャーが、サービスの管理単位であるアベイラビリティゾーン(Availability Zone)内で冗長化されています。このため、パブリッククラウドを利用しさえすれば、障害対策は万全と考えられがちです。
しかし、実際には、次のような点に注意が必要です。

  • 仮想サーバー上で動作するゲストOSやミドルウェア、アプリケーションの障害については、直接の保証はありません。
  • アベイラビリティゾーン全体に影響する障害が発生した場合、冗長化されたインフラストラクチャーすべてが利用できなくなる可能性があります。

PRIMECLUSTER Cloud Editionは、これらの課題を低コストで解決できる、パブリッククラウド環境に最適化された高信頼基盤ソフトウェアです。

パブリッククラウドが提供する冗長化・高可用性
パブリッククラウドが提供する冗長化・高可用性

PRIMECLUSTER Cloud Editionの機能

PRIMECLUSTER Cloud Editionは、インフラストラクチャー以外の障害や、アベイラビリティゾーン全体に影響する障害にも対応した、高信頼・高可用機能を提供します。

故障監視機能では、インフラストラクチャーからアプリケーションまでシステム全体を監視します。これにより、パブリッククラウドが提供する機能だけでは検知できない故障も検知できます。

フェイルオーバー機構は、故障発生時に切り替え先にシステムを動的に配備します。一般的なHAクラスターとは異なり待機系の仮想サーバーが不要で、ソフトウェア・ライセンスなどを含めた資産の保有・運用管理を二重に行う必要がないため、低コストで運用できます。
また、配備先には、現用系と異なるアベイラビリティゾーンを自動的に選択します。このとき、同一リージョン内で3つ以上のアベイラビリティゾーンが利用できる場合、すべてのアベイラビリティゾーンを切り替え先として指定できます。これにより、アベイラビリティゾーン全体に影響する障害が発生した場合にも、正常に動作しているアベイラビリティゾーンを使用して業務を継続できます。

データの保護には、クラウドが提供する高信頼・高可用のPaaSを活用します。一般的なHAクラスターとは異なり、ディスクのミラーリングは不要です。

PRIMECLUSTER Cloud Editionの機能
PRIMECLUSTER Cloud Editionの機能

構成・動作

PRIMECLUSTER Cloud Editionは、パブリッククラウドが提供する様々なサービスを活用することにより、単一サーバー構成のままでシステムの高信頼性を実現しています。

故障監視では、PRIMECLUSTERのもつ高機能エージェントとパブリッククラウドの監視機能を併用します。これにより、アプリケーションの異常なども含め、柔軟かつ高度な異常監視を実現しています。

フェイルオーバー機構は、パブリッククラウドが提供するイベント処理サービスやサーバーレス実行基盤上に実装しています。
故障発生時には、事前に作成したシステムイメージを使用して、同一構成のサーバーを動的に配備することで切り替えを行います。この時、インスタンスタイプだけでなく、インスタンスに設定されたタグ、キーペア、ネットワークセキュリティグループなどの情報も引き継ぎを行います。
ネットワークアクセスの制御には、クラウドが提供する負荷分散の機能を使用します。サーバーの切り替えを行う際に、故障の発生したサーバーを負荷分散のターゲットから外し、新しく配備したサーバーを負荷分散のターゲットに追加することで、ネットワークアクセスの継続を実現しています。

アプリケーションデータ格納先には、フルマネージド型ファイルシステムやデータベースサービス使用し、切り替え前後のデータの継続性を保証します。
この時、故障の発生したサーバーの切り離し・停止が不十分な状態で切り替え先のサーバーを起動すると、共用データへの同時の書き込みが発生してデータが破壊される恐れがあります。PRIMECLUSTER Cloud Editionでは、確実な切替え制御により、複数サーバーからの同時書き込みによるデータ破壊を防止しています。

Amazon Web Servicesでのシステム構成イメージ
Amazon Web Servicesでのシステム構成イメージ

一般的なHAクラスターとの比較

項目 一般的なHAクラスター PRIMECLUSTER Cloud Edition
サーバー構成 2台(現用系・待機系) 1台
故障監視 同等(アベイラビリティゾーン障害、OS・ミドルウェア・アプリケーションを含めたシステム全体の監視)
フェイルオーバー機構 運用系、待機系のそれぞれのサーバー上で動作 クラウドが提供するイベント処理サービスやサーバーレス実行基盤上で動作
フェイルオーバー動作 現用系サーバーを停止 現用系サーバーを停止、削除
待機サーバー(起動済み)で業務アプリケーションを有効化 切替先サーバーを配備し、OS・業務アプリケーションを起動
データ保護 運用系、待機系のサーバー間でディスクデータをミラーリング クラウドのPaaS(ファイルシステムサービス、データベースサービス)を活用
特長・メリット 製品機能を中心にして高可用性を実現 クラウド機能を活用して高可用性を実現
フェイルオーバー動作がより高速 待機系が不要なため、低コストで運用可能

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

PRIMECLUSTER に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
PRIMECLUSTER Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ