FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Sustainable 施設総合管理システム Futuricシリーズ 機能仕様

機能

ビル設備監視制御機能

  • 監視機能
    • 設備機器の状態を常時監視し、警報発生時に通知します。
    • 設備機器の電流・電圧(アナログ計測値)を一定周期で監視します。
    • 電力量や流暢系からのパルス信号を積算し、表示します。
    • 万が一、機器が制御どおりに動作しない場合は、警報通知します。
  • 制御機能
    • 設備機器を運転スケジュールに基づき、自動オンオフさせます。
    • グループごとに選定された発停ポイントを、年間カレンダー設定および週間運転スケジュールにそってオンオフ制御します。機器の登録はリスト画面からマウスによるドラッグ&ドロップ登録が可能です。
    • 重要な機器が不用意にオンオフされないようプロテクトがかけられます。

他システム連携

画像認識技術と連携することにより、フロアに滞留する人を検知し、施設総合管理システムFuturicと連携することで適正温度に空調制御を自動的に行います。

図:【映像蓄積・解析による空調制御】
【映像蓄積・解析による空調制御】

施設予約システムからのイベント情報とBEMSを連携することにより、過去のイベント情報やイベント別のエネルギー使用量をグラフ化しサイネージシステムへ催事別のエネルギー使用量を表示可能です。また、施設総合管理システムFuturicと連携し、空調最適運転パターンを算出し、快適な空間を提供します。

図:【施設予約システムと連携したエネルギー見える化】
【施設予約システムと連携したエネルギー見える化】

セキュリティ強化

オペレータ管理機能

  • オペレータが施設総合管理システム「Futuric(フューチャーリック)」にログインする際に、本人認証を手のひら静脈認証により、ログインすることで不正アクセスを防ぎ、セキュリティを強化することが可能です。
  • ID/PWを入力しなくても、手をかざすだけでログインが行えます。

ネットワーク機器に関するお知らせ・サポート情報

施設総合管理システム「Futuric」シリーズに関するお問い合わせ

ページの先頭へ