データドリブンな時代のビジネスに必要な要件を兼ね備えた
「ETERNUS AX2100」SAN専用バージョンの実力

2020年8月21日

処理能力や容量コストに加え、
信頼性やクラウド連携にも優れた最新ストレージ

クラウドやモバイルといったテクノロジーが社会に浸透したことで、企業に蓄積されるデータ量は飛躍的に増加しています。そのようなデータを有効利用するには、AI/機械学習、ビッグデータ分析といった “データドリブン”なITシステムが求められています。

企業のITシステムを構成する要素のなかで、データ活用の観点でもっとも重要な役割を担うのは「ストレージ」といえます。データドリブンなビジネスが主流となった現在、ストレージの「処理能力」と「容量」に対応する要求はますます高まっており、さらに「信頼性」も必須の要件となってきています。ITシステムが数分間ダウンしただけで甚大な損害を引き起こすこともある現代のビジネススタイルには、システムを止めないための機能を搭載したストレージを選ぶことが重要です。

最新オールフラッシュストレージ「ETERNUS AX2100」は、データドリブンなビジネスのニーズに適応する製品です。SAN(Storage Area Network)とNAS(Network Attached Storage)双方のアーキテクチャに対応したユニファイドストレージ「ETERNUS AX2100」からNASの機能をオミット(除外)したSAN専用バージョンのASA(All SAN Array)は、ユニファイドモデルの持つクラウドとの連携機能はそのままに、信頼性と使いやすさを向上させています。

ユニファイドモデルの課題を解消!
SAN専用バージョン(ASA)ならではのメリットとは

ダウンタイムの短縮とスムーズなプロビジョニングを実現

ETERNUS AX2100は高速SSDを採用したオールフラッシュ構成で、高い処理能力を実現しています。さらにSAN専用バージョン(ASA)になったことで、信頼性と利便性が向上しているのも見逃せないメリットです。従来のユニファイドモデルでは、コントローラに異常が発生した際のフェイルオーバー時に若干のダウンタイム(30秒以上かかる場合もある)が発生するといった課題がありましたが、ASAでは2秒程度にまで短縮。この程度のダウンタイムならば、実質システムを停止することなくパスを切り替えられ、システムダウンによるリスクを軽減することができます。

また、ユニファイドモデルではデフォルトの設定画面がNAS向けのものとなっており、SANストレージとして導入する際には設定画面を切り替える必要がありました。それに対しNAS機能がオミットされたASAでは、デフォルトでSAN向けの設定画面が表示されるため、導入時の設定がスムーズに行えます。ハードウェア的な構築が終わっていれば、数分でプロビジョニングを構成することが可能で、ONTAPの使いやすいインタフェースと合わせて、導入・運用の負荷を軽減できます。

「ONTAP」の採用でクラウドとの高度なデータ運用が可能

ユニファイドモデルと同じくNetAppのストレージOS「ONTAP」を採用しているため、クラウドとの連携によりオールフラッシュの課題となる容量コストの高さも解消することが可能。ONTAPで使える「FabricPool」機能を利用すれば、ETERNUS AX2100とクラウドを連携して1つのデータプールとして扱うことができます。アクセス頻度に応じてデータを自動的に階層化し、頻繁に使うデータをETERNUS AX2100に、それ以外のデータをクラウドに保存することで、処理能力と容量コストを最適化できます。ONTAPには高度な重複排除・圧縮機能が搭載されており、効率的なデータ運用が行えるのもポイントです。

バックアップサイトをクラウド上に構築して投資コストを最適化

また、クラウド側にストレージOSの「Cloud Volumes ONTAP」を導入すれば、ETERNUS AX2100をより効果的に活用できます。SnapMirror機能などを利用すれば、バックアップやレプリケーション、DR(災害復旧)をクラウドと連携して実行できるうえ、オンプレミスに専用のバックアップサイトを用意する必要がなくなるなど、投資コストの最適化も実現します。富士通が提供する国産クラウド「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud」をはじめ、AWSやAzureなどのクラウドサービスに対応しており、ハイブリッドクラウド環境の構築を柔軟に行えます。

SAN専用バージョン(ASA)の基本的なスペックはETERNUS AX2100と同様です。最大144のSSDを搭載可能で、FiberChanelまたは、iSCSIホストインタフェースを8ポート備えるなど、充実した仕様となっています。

基幹業務システムやVDI基盤・分析基盤など多様なシステムで活躍する

ストレージに求められる処理能力と容量コストに加え、高い業務継続性を実現するための機能が網羅された本ソリューションは、高い信頼性が求められる基幹業務システムのストレージとして好適な製品です。比較的コストのかかるオールフラッシュのなかではエントリー寄りの製品となっており、中堅・中小企業のニーズにも対応します。
もちろん、基幹業務以外のシステムでも有効に活用可能です。ONTAPの重複排除・圧縮機能はVDI(デスクトップ仮想化)基盤のストレージとして大きな効果が期待でき、Cloud Volumes ONTAPが実現するクラウド連携は、高速処理と大容量を求める分析基盤向けのストレージ要件を満たすことが可能です。

 

ユニファイドストレージの機能を省くことなく、SANに特化することでシンプルさと高信頼性を実現したSAN専用バージョン(ASA)は、データドリブンな組織を目指す企業にとって、見逃せない選択肢といえるでしょう。

  • 新ストレージをお薦めする4つの理由
    1. SSDがよりお求めやすくなりました
    2. 使いやすいGUIで管理・構築を簡単に
    3. 豊富なバックアップ機能を標準でサポート
    4. 次世代高速インターフェースのサポート
  • ハイブリッドクラウド環境の構築が容易な理由
  • クラウド連携することで運用コストや負荷軽減できる理由
  • 旧ストレージから移行検討中のお客様は必見

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)