富士通 UNIXサーバ

SPARC Serversロードマップ

富士通のUNIXサーバは、UNIXサーバの国内市場トップベンダーとしてビジネスを展開しています。

1985年にメインフレーム(FACOM Mシリーズ)へUNIX OS(UTS/M)を搭載したUNIXシステムを商品化し、1991年には、UNIXサーバ「DS/90 7000シリーズ」を発表しました。富士通はその開発当時の最先端技術を採用しながら、今日まで発展を遂げてきました。

ビジネスを支えるSPARC Servers

最新UNIXサーバ SPARC M12およびSPARC M10は、メインフレームの高信頼性と、スーパーコンピュータの高速技術が注ぎ込まれた革新的UNIXサーバです。

富士通とオラクル・コーポレーション(旧Sun Microsystems社)は、約35年にわたる協働関係を通じ、UNIXサーバの開発に携わっています。現在では、さらに強固な共同開発体制を築き、ハードウェア/ソフトウェアの垣根を越えたサーバ開発が行われています。

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)