GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通を知る >
  4. 富士通ミュージアム >
  5. 製品展示室 >
  6. 通信機器 >
  7. 交換機 >
  8. H形交換機(ステップバイステップ自動交換機)(1926年)

H形交換機(ステップバイステップ自動交換機)(1926年)

通信機器

ダイヤル1桁毎にスイッチが作動するステップ・バイ・ステップ自動交換機の一つでドイツのシーメンス・ハルスケ社が開発した交換機です。日本では1926年(昭和元年)に横浜本局及び長者町局で初めて採用されました。
富士通では会社設立当初から製造しており、1960年代まで30年以上にわたって主力製品の一つでした。

年表へ戻る