衛星運用ソリューション

FUJITSU Technical Computing SolutionORBITER FORCE

人工衛星の軌道推定・軌道予報・軌道解析を行うソフトウェアです。操作性に優れたGUIにより、人工衛星の運用に必要な軌道情報の作成や軌道解析が容易に行え、これらの機能をスケジューラーによって自動実行することも可能です。

製品概要

人工衛星の軌道推定・軌道予報・軌道解析を行うソフトウェアです。

特長

実運用で使われる軌道計算アルゴリズムを利用

人工衛星の実運用に使用している軌道計算アルゴリズムを採用しており、衛星運用に適用可能な確かな軌道計算を行います。

人工衛星運用のために必要な機能を具備

軌道推定や軌道伝播など人工衛星の運用に必要となる軌道力学系機能を有しています。

使いやすさの追求

操作性に優れたグラフィカルユーザーインターフェイス、直観的なグラフィック表示により、簡単な操作で利用することができます。

様々な観測データ・軌道データに対応した運用が可能

地上局(アンテナ)で観測した、レンジデータ、ドップラーデータ、角度データを使った軌道推定が可能です。さらに、衛星搭載GPS受信機による航法解を使った軌道推定や、インターネットで公開されている2Line軌道要素を源泉にした衛星運用にも対応可能です。

機能

軌道推定

  • 地上局からの観測データ(レンジ・ドップラー・角度)をもとに、人工衛星の位置・速度を推定します。(RARR軌道推定)
  • 衛星に搭載されているGPS受信機から得られた航法解(衛星オンボードの測位結果)をもとに、人工衛星の位置・速度を推定します。(GPSR航法解軌道推定)
  • 初期軌道要素がなく、観測データも充分得られない状況下においても、少数の観測データのみ(レンジと角度)で人工衛星の位置・速度を推定します。本機能を使って、未知物体の概略軌道を推定する事も可能です。(初期軌道推定)

軌道生成

  • 衛星の位置・速度情報から、将来または過去の衛星の軌道暦(時々刻々の位置・速度情報)を作成します。特別摂動法を用いており、種々の摂動を考慮した軌道生成が可能です。(軌道生成)
  • 2Line軌道要素(TLE)を源泉として、軌道暦を作成します。(TLE源泉軌道生成)

軌道暦比較

  • 同一衛星または、異なる衛星の軌道暦を比較し、比較結果をグラフ表示します。

可視情報・アンテナ予報値作成

  • 地上局(アンテナ)からの衛星の見え始め、見え終りの時刻を予報します。
  • また、地上局(アンテナ)から見た衛星の方位角、仰角の時系列情報を予報します。

提供用軌道暦情報作成

  • 軌道生成機能で作成した軌道暦について、ユーザーが指定する座標系・表現形式で、テキスト形式出力します。

軌道イベント作成

  • 衛星の地球による食、月による食、昇交点・降交点通過時刻等の衛星イベント情報を作成します。

センサー干渉情報作成

  • 衛星搭載のセンサーについて、センサー視野内に太陽または、月が入る時間帯(干渉発生時間帯)を予報します。

平均軌道要素作成

  • 衛星のオンボードにて軌道伝播する際に必要な軌道パラメーターを作成します。

TLE作成

  • 接触要素の軌道暦から指定エポックの2Line軌道要素(TLE)を作成します。

天体軌道暦作成

  • 太陽または、月の軌道暦について、指定する座標系・表現形式にて、テキスト出力します。

電波干渉情報作成(注)

  • 地上局から自衛星と通信を行なうにあたり、他衛星との干渉を判定します。干渉判定では、軌道予測における、進行方向誤差の累積を考慮可能です。

(注): 電波干渉情報作成機能は、コマンドプログラムとしてのご提供となります。

動作環境

サポート対象システム

クライアントOS Microsoft Windows 10 (64bit)
サーバOS Red Hat Enterprise Linux 6.8, 7.3, 7.7 (64bit)

計算機推奨スペック

クライアント計算機 CPU:動作周波数1.8GHz / 2コア / キャッシュ3MB以上
メモリ:4GB以上
HDD:30GB以上
グラフィックカード:OpenGL対応である事
サーバ計算機 CPU:動作周波数3.3GHz / 4コア / キャッシュ8MB以上
メモリ:4GB以上
HDD:600GB以上

(注)HDD容量は、蓄積されるデータを含んでいます。衛星数・計算量に応じた拡張が必要です。
(注)データ格納領域をサーバ以外に設ける場合は要相談。

サービス名

基本パッケージ

ORBITER FORCEのサーバソフトウェア、クライアントソフトウェアを提供します。

クライアントライセンス

クライアント機能(ユーザーインターフェイス)の追加ライセンスです。

プログラムサポート

導入したORBITER FORCEに対し、問題解決支援、情報提供、修正プログラム提供、レベルアップ版の提供を行います。

クライアントライセンス プログラムサポート

追加導入したORBITER FORCEクライアントに対し、問題解決支援、情報提供、修正プログラム提供、レベルアップ版の提供を行います。

軌道解析サービス

導入したORBITER FORCEを使用し、軌道解析サービスを提供します。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • お問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ