GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ビジネス&テクノロジーソリューション >
  4. 富士通のビッグデータ&BAソリューション >
  5. FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 需要予測ソリューション

FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 需要予測ソリューション

昨今、製造業や、卸・小売といった流通業を取り囲む環境は、市場ニーズの多様化により、多品種・少量生産や商品ライフサイクルの短期化が急速に進んでいます。そのため、廃棄ロス・チャンスロスの増加や、計画立案・変更負荷の増大が発生し、生産・調達、販売・マーケティング等における計画立案の精度向上や、ローコストオペレーションが求められてきています。

富士通の独自技術により、多様な商品の変化する特性に合わせた安定的で高精度な予測と自動チューニングによる負荷削減を行うことで、これらの課題を解決します。それを実現するソリューションが「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 需要予測ソリューション」(以下、ODMA需要予測ソリューション)です。

ODMA需要予測により高度な予測データを既存の業務に利活用するイメージ図
既存の業務に高度な予測データを利活用して計画立案の精度向上・負荷削減

量販業における発注業務の課題

現場の働き手の大半を占めている、短時間労働が多いパートタイム労働者が発注業務も担うことが多く、限られた時間内で不慣れなまま発注業務を行うことがあり、発注精度の低下を引き起こしています。

その結果、商品の「発注数が足りない」「発注数が多い」「発注頻度が多すぎる」といった課題が生じ、「販売チャンスロス」「廃棄ロスの増加」「仕入れコストの上昇」といった問題を招いています。

富士通の発注勧告の特長

富士通では、これらの量販業の課題を解決するために、従来の自動発注方式(セルワンバイワン方式、曜日別定量発注方式)に加え、「動的アンサンブル予測」による安定的で高精度な需要予測に合わせた発注を行う需要予測型自動発注方式により、変動が多い商品でも安定した発注数の勧告を行います。

それを提供する量販業向けのオプション機能が「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 需要予測SaaS 量販発注勧告モデル」です。需要予測サービスと連携して活用することで、発注精度の向上や負荷削減を実現します。

需要予測型自動発注方式とは

日売り切り型ではないものの消費期限が比較的短い商品向けの自動発注方式です。 需要予測で求めた販売予測数と平均在庫日数から、部門/カテゴリ/単品ごとの目標在庫日数に基づき発注数をレコメンドします。

適用例

適用例 店舗発注業務の効率化・在庫最適化

業種 小売業
課題
  • 発注作業に時間がかかるため、重点売り場作りや品出し、接客対応などの業務が手薄に
  • アルバイトやパートタイム従業員に発注業務を任せており、発注精度のバラつきが生じ、在庫の過不足が発生
手段と効果
  • 発注勧告モデルにより算出された最適な発注量に基づくことで、発注業務の省力化を実現。店舗運営改善に注力できるようになり、顧客満足度が向上
  • 発注精度の向上により在庫管理の適正化を促進し、廃棄ロス・販売チャンスロスを低減

価格

商品 販売価格(税別)
ODMA需要予測SaaS オプション 量販発注勧告モデル 個別見積

お客様のデジタル革新を実現する  デジタルビジネス・プラットフォーム MetaArc

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)