GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ビジネス&テクノロジーソリューション >
  4. 富士通のビッグデータ&BAソリューション >
  5. FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 自動翻訳

FUJITSU Business Application
Operational Data Management & Analytics 自動翻訳

海外企業との協業、海外への工場進出、海外ベンダーからの調達など、近年日本企業では、海外とのコミュニケーションの機会が増えています。また、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)や東京オリンピック・パラリンピックが目前に迫り、ますますグローバルコミュニケーションの必要性が高まると考えられています。

そこで期待されているのが、大量の文書でもスピーディー、かつ正確に翻訳する「自動翻訳」です。多くの人がWebで無償提供されている自動翻訳サービスを利用したことがあるでしょう。便利で使いやすいサービスですが、翻訳文の精度・内容に納得がいかなかったり、ビジネスで扱う文書をインターネット上のオープンなサービスで翻訳することに抵抗を感じたりしたこともあるのではないでしょうか。

そうした課題を解消してくれるのが「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics 自動翻訳」(以下、ODMA自動翻訳)です。瞬時に正確でわかりやすい文章に訳すことができ、かつ高いセキュリティを担保しながら利用できる、高機能な翻訳ソリューションです。

グローバルコミュニケーションのさまざまな課題を解決

日本語特有の文法体系や業界特有の専門用語を、よりよい品質で自動翻訳したい

グローバル展開を狙う日本企業にとって大きな障害になっているのが「言葉の壁」です。日本語は、漢字やひらがな、カタカナなど多様な文字種を持ち、外国語とは文法体系も大きく異なります。

また、業界ごとに特有の専門用語があり、同じ言葉であってもまったく意味が異なるケースも珍しくはありません。
例えば、「ドライバー」は運送業界では「運転手」、製造業界では「ネジ回し」、IT業界では「ハードウェアを制御するソフトウェア」、ゴルフ業界では「クラブの一種」となります。このように日本語への翻訳、または日本語からの翻訳は、対応する言葉に置き換えるだけでは意味の通じない文章になることが珍しくありません。

「ODMA自動翻訳」は構文と単語の意味を把握しながら翻訳する「意味処理方式」や、日本語と英語の言葉の違いに着目し、主語・目的語を入れ替えたり、態や時勢を替え自然な訳文を出す「概念変形」を採用しています。

セキュアな環境で安全に翻訳サービスを使いたい

企業における情報セキュリティの重要性はますます高まっており、機密情報や個人情報を外部に漏洩させないよう、さまざまな対策が取られています。

一方、インターネット上の翻訳サービスを使ったことから機密情報が漏洩する事故も発生しています。これは、自動翻訳サイトに入力した文章を第三者が閲覧できる状態になっていたことから起こった問題でした。そのため、企業では情報漏えい対策として、無料のWeb翻訳サービスの利用を禁止する傾向が強くなってきました。

海外展開に向けてグローバルコミュニケ―ションを活性化させたい

海外企業との協業を成功させるには、グローバルコミュニケーションの活性化が必要です。言葉によるコミュニケーションが円滑に進めば、ビジネスのグローバル展開を成功に導くことができるでしょう。最近は電子メールやOfficeファイルだけでなく、チャット(インスタントメッセージ)も、ビジネス現場で活用されるようになりました。チャットはリアルタイムにメッセージを送り合うサービスであるため、スピーディーな翻訳が必要になります。

ビジネスで活用される、さまざまなコミュニケーションツールやファイルを自動で翻訳する「ODMA自動翻訳」なら、セキュアな環境のもと、正確でわかりやすい文章に翻訳し、グローバルコミュニケーションの円滑な推進を支援します。

「ODMA自動翻訳」とは

Webブラウザ、Microsoft OfficeやPDFファイル、チャット等で利用できる自動翻訳ツール

「ODMA自動翻訳」は、ネットワークで使用する日本語/英語の自動翻訳ソフトです。社内に自動翻訳サーバを設置し、Webブラウザでアクセスして翻訳機能を利用できます。

クライアントPCにアドインツールを導入することで、Microsoft OfficeやAdobe Acrobat などのアプリケーション上からの利用も可能です。さらに、リアルタイムにメッセージを送り合うチャット(Lync / Skype for Business)での利用にも対応しています。

[図]Webブラウザ、Microsoft OfficeやPDFファイル、チャット等で利用できる自動翻訳ツール

大量の文書でも、統一した訳語ルールで翻訳が可能

サーバに収録された共通の辞書を使って全社で利用できるので、社内文書を共通の訳語ルール、表記ルールに基づいて翻訳することが可能になります。部署が異なっていたり文書が大量にあったりすると、訳語の不統一が起こりやすくなりますが、「ODMA自動翻訳」を用いれば会社全体で翻訳の品質を統一できます。

主な特長

高品質翻訳 : 30年に渡る日本語翻訳技術研究の集大成

日本語は、世界的にも特異な文法体系を持っていると言われています。「ODMA自動翻訳」は、富士通の30年に渡る日本語翻訳の研究・開発で培われた技術が、存分に投入されています。

日本語の文法体系に基づき、字句や構文を分析して翻訳していますので、「日本語→英語」、「英語→日本語」の双方において、正確でわかりやすい翻訳文の生成が可能です。その精度は、第三者評価においてもトップの成績を収めています。

翻訳最適化 : 業種別の専門用語や企業特有の言い回しにも対応できるカスタマイズ辞書

「ODMA自動翻訳」は、25分野500万語以上の専門辞書に対応し、その業界に特有の用語も正しく翻訳できます。これは、日本語翻訳ソフトではトップレベルの単語数となっています。

[図]25分野500万語以上の専門辞書に対応

さらに、カスタマイズ辞書を作成する辞書登録サービスにより、お客様の会社特有の言い回しや用語も適切な英文に、また英文も各社特有の言葉を用いた日本語に翻訳できます。

カスタマイズ辞書設定による翻訳精度向上の例

セキュリティ : 社内のオンプレミス環境で情報漏えいを防止。翻訳ログも自動で削除

「ODMA自動翻訳」は、翻訳機能を提供するサーバを社内に設置して利用します。外部に情報を持ち出さないので、情報漏えいを心配することなく、安全に自動翻訳を活用できます。

翻訳サーバには、「翻訳原文」「翻訳結果」のログを残さない「自動削除」機能も搭載。ログからの情報漏えいを防止できます。逆に、「社内でどのような翻訳がされたか」を確認するために、ログを残す設定も可能です。また、ユーザー認証機能により利用者の制限も可能です。

今後は、セキュリティを高めたクラウドサービス(セキュアSaaS版)も提供予定です。

グローバルコミュニケーション支援 : Office文書やPDF、チャットにも対応

アドインツールを導入することにより、ビジネスで一般的に使われているMicrosoft Officeの文書やPDFファイルを、アプリケーション上からボタンひとつで翻訳できます。特にPDFファイルでは翻訳の際、文字量が変化してもレイアウトが崩れにくいような工夫も行っています。さらに、インスタントメッセージツールのLync / Skype for Businessにも対応。日本語・英語間でインスタントメッセージを、リアルタイムに翻訳できます。

社内実践による実績 : 富士通社内で3年以上利用され、活発なグローバルコミュニケーションを実現

「ODMA自動翻訳」は、富士通の社内実践によって蓄積されたノウハウが集結され、その信頼性が証明されています。全世界の従業員の35%強にあたる6万人以上が日々活用し、年間400万回近い翻訳を処理しています。その間、「ODMA自動翻訳」のシステムは一度もダウンすることなく、ノンストップで稼働してきました。こうした経験、ノウハウを踏まえ、企業での活用を促進する「定着支援サービス」もご提供しています。

活用シーン

1. 製造業様の活用シーン
大量のマニュアルや手順書を、統一した表記ルールに基づいて翻訳したい

【課題】 大量のマニュアルや手順書をその都度人手を介して翻訳していたため、時間もコストも掛かっていた。翻訳ルールを決めていても、作業者によって翻訳結果に差異が発生していた。

【効果】 「ODMA自動翻訳」によって、訳語の統一を瞬時に実現。翻訳者は翻訳結果のチェックに専念する立場に変わり、翻訳の質の向上だけでなく、翻訳期間の短縮、コストカットを達成できる。

2. 商社様の活用シーン
海外とリアルタイムのコミュニケーションを実現したい

【課題】 海外提携先の企業のビジネスタイムに合わせると日本では深夜になるため、英語が堪能な従業員を用意できないことが多かった。そのため、インスタントメッセージで会話をしたくても翻訳に時間がかかり、スムーズなコミュニケーションができていなかった。

【効果】 「ODMA自動翻訳」で、インスタントメッセージをリアルタイムで翻訳。英語が堪能な従業員でなくてもスムーズなコミュニケーションを実現し、緊急対応が必要なトラブル発生時にも迅速な対応が可能に。

3. 大学、研究機関様の活用シーン
英文で書かれた大量の研究資料を斜め読みしたい

【課題】 研究資料は専門用語が頻出するため、Web翻訳サービスでは誤訳が多かった。また、英文資料が大量にある場合、概要を把握すればよいだけの資料も含めて、すべてを自分で翻訳して読むのは時間がかかりすぎていた。

【効果】 「ODMA自動翻訳」は業界別の専門辞書を搭載しているので、特殊な用語が頻出する文書も正確に翻訳。また、簡単に日本語に翻訳できるので、大量の資料を斜め読みすることもでき、短時間で概要を把握できる。

商品体系

Standard Edition製品

商品名 概要
ODMA 自動翻訳
Standard Edition V1
テキスト翻訳、メール翻訳、Office文書翻訳(2010/2013/2016)、PDF翻訳
ODMA 自動翻訳
Standard Edition V1プログラムサポート
年間サポート保守料(年額)
ODMA 自動翻訳
Standard Edition V1メディアパック
インストール媒体

Enterprise Edition製品

商品名 概要
ODMA 自動翻訳
Enterprise Edition V1
テキスト翻訳、メール翻訳、Office文書翻訳(2010/2013/2016)、PDF翻訳、インスタントメッセージ翻訳(Lync、Skype for Business)
ODMA 自動翻訳
Enterprise Edition V1プログラムサポート
年間サポート保守料(年額)
ODMA 自動翻訳
Enterprise Edition V1メディアパック
インストール媒体

関連製品

商品名 概要
ATLAS 翻訳スタンダード V14 PC版翻訳ソフト。利用者辞書作成、サーバへの登録に使用

サービス一覧

商品名 概要
ODMAスタートアップサービス ODMA 自動翻訳 V1のインストール、各種初期設定、稼動確認。
ご用意いただいたOSインストール済みの環境に本製品の導入のみを行う簡易なサービスです。
設計適用サービス ODMA 自動翻訳 V1の導入当たり、要件定義から運用設計の範囲で、お客様要件に沿って作業いたします。
辞書作成サービス 御社特有用語辞書を作成し導入。対語表を提供いただき、辞書化して登録します。

※初期費用、オプション、サービス費用は別途お見積りいたします。

※本製品の価格、サービス内容の詳細については下記フォームよりお問い合わせください。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)