FUJITSU Managed Infrastructure ServiceFENICS CloudProtect
Zero Trust Network
powered by Prisma Access from Palo Alto Networks

サービス概要

ネットワークセキュリティ市場で注目されているSASE(※)要件にも対応する、パロアルトネットワークス社の高度なセキュリティプラットフォームをベースに、企業の本社/国内拠点/海外拠点、さらにはリモートワークやモバイルユーザーまでを様々なサイバー攻撃から保護することを可能としたクラウド型のネットワークセキュリティサービスです。

※SASEとは
「Secure Access Service Edge」の略称で、2019年8月にGartner社が公開した「The Future of Network Security Is in the Cloud」で新しく定義されたネットワークセキュリティモデルです。

図:サービス概要

特長

  • 高度なセキュリティ機能 次世代ファイアウォール機能をはじめ、既知の脅威への対策(アンチウイルス/アンチスパイウェア/脆弱性防御機能)、未知の脅威への対策(サンドボックス機能)、暗号化通信の可視化(SSL復号)等、高度なセキュリティ機能を標準提供します。
  • セキュリティ機器の管理/運用の負担が大幅に軽減 これまで、お客様DC等に集約していたファイアウォールやセキュリティ機能、また当該サービスを利用するためのVPN接続機能を全てクラウドサービスとして提供します。これによりお客様でのセキュリティ機器の管理や運用の負担が大幅に軽減されます。
  • ロケーションを選ばず様々なクラウドサービスやアプリケーションを統一したセキュリティポリシーで利用可能 高度なセキュリティ機能に加えネットワーク機能も拡充されており、帯域確保や拠点間接続、海外接続も可能です。これにより国内外の様々なロケーションから様々なクラウドサービスやアプリケーションサービスに、企業内の統一ポリシーにてセキュアで快適なアクセスが可能となります。
  • セキュアにすぐにご利用開始 Prisma Accessの管理基盤(Panorama)も含め、ファイアウォールポリシー・セキュリティポリシーのプリセットなど、ご利用開始に向け、必要な環境をすべてセットアップしサービス提供します。

使用例1

グローバルに展開された拠点に対し、低遅延かつ統一されたポリシーのセキュリティ機能を提供

使用例1の図

使用例2

通信のボトルネック問題を抱えるお客様に

全インターネット通信をブレイクアウトさせる際にセキュリティを確保しながら段階移行をご検討のお客様やセキュリティポリシーにてインターネットVPNの利用範囲制限があるお客様に有効なご提案となります。

使用例2の図 NXconciergeのページへ

FENICSネットワークサービスに関するお問い合わせ

ページの先頭へ