FUJITSU Hybrid IT Service プレフィックス型サービス

FUJITSU Hybrid IT Service
プレフィックス型サービス
最適なデジタルインフラを実現する構築・運用作業をメニュー化したデリバリモデル

プレフィックス型サービスとは

デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるテクノロジーとしてクラウドの活用がますます加速する中、業務システムが求める様々な要件に合わせた最適なハイブリッドIT環境の構築・運用が求められています。

プレフィックス型サービスは、富士通が長年蓄積してきた実績・技術力を結集し、インフラ構築・運用作業の仕様や範囲をあらかじめ明示して提供することで、複雑な変化に対応するハイブリッドIT環境を素早く実現するメニュー型のデリバリモデルです。
デジタルインフラ導入に必要な構築作業をメニュー化した「プレフィックス型インテグレーションサービス」と、ハイブリッドIT環境の運用作業をメニュー化した「プレフィックス型運用サービス」を提供しており、お客様はメニューを選択することで、簡単かつ迅速にサービスの適用が可能となります。
IT人材不足を抱えるお客様も、インフラ構築・運用作業から解放されることで、DX推進に必要なリソースを確保でき、コア業務に集中できるようになります。

プレフィックス型インテグレーションサービスについて

プレフィックス型インテグレーションサービスは、システムの設計・構築などの作業内容や範囲をメニューとして明示して提供します。これまで当社が培ってきたシステムインテグレーションにおける実践知やベストプラクティスに基づき、関連ドキュメントや作業プロセスを徹底的に標準化・自動化することで、インフラ構築のリードタイムを短縮し、低コスト化を実現します。

パブリッククラウド、プライベートクラウド、物理環境などの構築に加えて、マルチベンダ・マルチプラットフォームといったハイブリッドIT環境の構築にも対応しており、お客様は必要な環境の作業メニューを選択することで、短期間で自由度の高いデジタルインフラ環境の構築が可能です。
最新技術や市場動向に沿ったインテグレーションメニューにより、市場の変化に柔軟に対応できるインフラ構築を実現し、お客様のDX加速を支援します。

プレフィックス型インテグレーションサービスメニュー

  • (注)
    パブリッククラウドIaaSから順次提供・拡充予定

プレフィックス型インテグレーションサービスの特長

  • 共通の設計指針により
    クラウド選択の自由度を確保

  • ベストプラクティスと推奨値で
    安定した品質を担保

  • 標準化・自動化により
    構築リードタイムを短縮

プレフィックス型運用サービスについて

プレフィックス型運用サービスは、マルチクラウドやハイブリッドIT環境など多様なITインフラの運用項目を標準化し、仕様や価格を明示して提供します。当社の長年にわたる運用実績や知見に基づき、「Premium」「Enterprise」「Basic」「Lite」に分類し、オプションとともにメニュー化することで、お客様はシステム要件に応じて容易に必要なメニューを選択することが可能です。

例えば、IT部門において、クラウドなど最新ITのスキルや人員の不足を解消するためフルスコープでサービス提供する 「Premium」を活用、スモールスタートでサービスをご利用する場合は 「Lite」から順次拡張するなど、ユースケースに応じた柔軟な導入を実現します。

プレフィックス型運用サービスの特長

  • 高品質・安心のサービスを短期間でご利用可能

  • 長年蓄積してきたノウハウを結集した
    運用メニューから簡単導入 

  • 豊富なオプションメニューで柔軟に調整

FUJITSU Hybrid IT Service に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ