ハイブリッドインフラ運用の最適化を支援する

Fujitsu Cloud Managed Service

Fujitsu Cloud Managed Service
(FCMS)とは

クラウド技術は進化が早く技術革新が頻繁に発生しますが、運用の有識者の確保は困難であり、限られた要員で効率的にクラウドを運用することは、お客様にとって最重要課題となっています。

Fujitsu Cloud Managed Serviceは、国内外での豊富なIT運用の実践知を持つ富士通がグローバルスタンダードに基づくITSM・監視・可視化・自動化といった機能を提供するツールとITILをベースとしたオペレーションを合わせて提供します。

お客様は、ビジネスの状況変化やシステム要件に合わせて機能を選択するだけで、富士通が長年培ったベストプラクティス、グローバルナレッジを詰め込んだ運用環境をスピーディにご利用いただくことができ、お客様環境の運用最適化を実現することができます。

特長

ハイブリッドクラウド運用の最適化
国内外での豊富なIT運用の実践知を持つ富士通がグローバルスタンダードに基づくツール群を提供し、運用の最適化を支援
自動化技術による運用効率化
インフラ環境におけるDevOps/AIOpsを運用業務に組み込むことで既存業務の運用効率化が可能
グローバルレベルの運用標準化
継続的なサービスアップデートにより高品質かつ最先端のサービスをグローバルで展開

サービスメニュー

マルチクラウドやハイブリッドIT環境など多様なITインフラの運用項目を標準化し、「Foundation」「Standard」「Enterprise」の3つのメニューを提供しております。
例えば、IT部門において、クラウドなど最新ITのスキルや人員の不足を解消するためフルスコープでサービス提供する「Enterprise」を活用、スモールスタートでサービスをご利用する場合は 「Foundation」から順次拡張するなど、ユースケースに応じた柔軟な導入を実現します。

Foundation

開発およびテストアプリケーション向け

Standard

本番アプリケーション向け

Enterprise

重要な本番アプリケーション向け

ご紹介動画

高度な運用支援ツールと経験豊富な富士通の人材で、お客様のインフラ運用を支援する「Fujitsu Cloud Managed Service」をご紹介します。

ページの先頭へ