応対自動評価システムVoiceTracking QualityManager

「VoiceTracking QualityManager」はオペレーターの応対状況を自動評価し、オペレーターの教育を支援するシステムです。通話録音データに対してキーワードやパラ言語*1による分析ができ、評価の標準化・効率化を図れます*2
(*1パラ言語:イントネーション、リズム、ポーズ(間)など文字によっては伝達されない情報「ニュアンス、感情」)
(*2ご利用の際には、VoiceTracking Serverが必要です)

特長

オペレーター応対を客観的に評価できます。

オペレーターの応対状況を数値化し、統一された基準で客観的に評価することができます。

オペレーター応対を自動的に分析することで、応対品質管理者における評価作業の効率化を図れます。

通話録音データからオペレーターの応対を自動分析することで、通話をすべて聞きなおす必要がなくなるため、評価作業コストを削減することができます。

活用イメージ

応対品質につながるモニタリング評価

分析結果から発見したオペレーターの弱点・問題をポイント指導することで、オペレーターのスキルアップが可能です。全体の応対品質を向上させ、企業イメージの向上も図れます。

音声分析項目

対話分析発話時間(割合)、無音(間/保留)、かぶりを分析し数値化
話速分析送話(オペレータ)/受話(顧客)の話速差を分析
発話率分析特定キーワードの出現割合の統計
相づち分析短い発話を相づちとして、発話回数などを分析
異常呼分析各分析より想定外の数値を設定し、集計
  • 分析項目については、随時追加されます

動作環境

対象ソフトウェア動作環境等
音声分析サーバ
  • QualityManager
  • OS:Windows Server 2008 R2, 2012 R2 Std
  • CPU:Intel Xeon 4コアモデル×2 以上を推奨
  • メモリ:16GB以上を推奨
  • HDD:300GB以上を推奨
検索画面
  • Search
  • Windows 7/8/10 上のInternet Explorer8以上

VoiceTracking シリーズに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

関連ソリューション

  • 通話録音システム
  • 顧客特性分析