Fujitsu Certified Master Service Platform

資格名

Fujitsu Certified Master Service Platform

試験内容

試験コース名富士通ソフトウェアマスター サービス基盤 認定試験
コースコードUFM14L
試験形式筆記試験、および実技試験
試験時間1日(9時30分~17時)
試験内容FUJITSU Software Interstage Application Serverのサービスプラットフォーム分野に関する高度な技術力
  • 環境設計 / 構築(エディション選択、SSO、セッションリカバリ)に関する技術力
  • セキュリティに関する技術力
  • チューニングに関する技術力
  • バックアップ ・リストアに関する技術力
  • トラブルシューティングに関する技術力
出題範囲 出題範囲 Fujitsu Certified Master Service Platform (231KB)
対象製品
出題数10問
合格条件正解率 70%以上
受験費用110,000円(税込)
試験会場株式会社富士通ラーニングメディア

受験申し込み方法

コース開催方法、内容の見直しを実施中です。コース内容確定後、順次ご案内予定です。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ