計画的なアップデートを必要とするシステムに適したサポート商品です。
業務の継続性を求められるシステムでは、限られた計画停止のタイミングでアップデート作業を行う必要があります。しかし、実際には修正の適用時間は確保できてもアップデートの作業時間まで確保することが困難な場合もあります。

本サポート商品は、特定マイナーリリースに対する修正提供期間がマイナーリリースのリリースから2年間に延長(「基本サポート」は約6ヶ月)されるため、計画的なアップデート運用が可能となります。

拡張サポートによるシステム運用例

例えば以下に示す運用期間が5年のケースで比較してみると、「基本サポート」は年に1~2回のアップデートが必要となるのに対して、「拡張サポート」はアップデート回数を2回に抑えることができます。
アップデート回数が減ることで、アップデートに伴う留意事項の抽出や事前検証、アップデート作業などを削減でき、運用コストの削減につながります。

富士通のLinux情報に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ