Eclipse GlassFish 5.1 リリース

2019年1月29日

本日、Eclipse Foundationより、Java EE 8準拠のEclipse GlassFish 5.1がリリースされました。(注1

2017年秋にOracle社がJava EE技術の移管を表明(注2)しました。それを受け、富士通は、IBM、Oracle、Payara、Red Hat、Tomitribeの各ベンダーとともに、2018年4月にJakarta EE ワーキンググループを設立しました。

富士通は、長年、Java EE技術をFUJITSU Software Interstage Application Server製品として提供しており、その後継となるJakarta EE技術をお客様に安心して提供するため、ワーキンググループのストラテジックメンバーとして、ステアリング・仕様・マーケティングの各委員会で、Jakarta EEを推進しています。

Eclipse Foundationでは、2018年4月以降、Java EE 8の参照実装であるGlassFishと、その互換テストであるTCK(Technology Compatibility Kit)の移管作業を行い、本日、Eclipseブランドの「Eclipse GlassFish 5.1」をリリースしました。また、同時に、仕様策定プロセス「Eclipse Foundation Specification Process」も制定しました。

今後ワーキンググループでは、Jakarta EEの仕様制定と、Jakarta EE互換テストのリリースを行います。それに基づき、Jakarta EE 8準拠のEclipse GlassFish 5.2をリリースする予定です。

富士通は、Jakarta EE技術にコミットし、クラウドネイティブ技術を推進するとともに、これからも、高信頼のFUJITSU Software Interstage Application Server製品を継続して提供していきます。

Interstage に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ