帳票作成・帳票運用FUJITSU Software Interstage List Creator
機能 - 表現力豊かな帳票を簡単に設計 -

効率よく帳票設計 ~ 既存の帳票フォーマットを活用し、簡単に帳票設計 ~

帳票レイアウトの作成は、専用の帳票設計ツール「Interstage List Creator デザイナ」で行います。表現力の豊かな帳票のレイアウトをWindowsスタイルに準拠した分かりやすい操作性で簡単に帳票設計が行え、開発コスト(工数)を大幅に削減します。

初めての人でも使って安心

帳票設計手順をやさしくナビゲートする「帳票ナビ」

帳票の設計は「帳票ナビ」により、わずか5ステップで完成します。

  1. 基本情報の設定を行います。
  2. 帳票のレイアウトを作成します。
  3. 入力データとの関連付けや演算定義を設定します。
  4. プレビュー画面で出力イメージを確認します。
  5. 帳票の出力先を「PDF」「Exlcelファイル」「印刷」「FAX」「電子帳票」の中から指定して完了です。

出力イメージの表示(プレビュー)を搭載

帳票設計の途中でテスト印刷や出力イメージの表示(プレビュー)ができるため、実際の出力がイメージしやすく、紙の無駄が省けます。

様々なサンプル帳票を利用して短時間で帳票設計(各種インターフェースを利用した出力プログラム、実用的なサンプル帳票)

  • 企業間取引の帳票サンプル(EIAJ標準納品書、EIAJ標準納品書-Dラベル付き)
  • 企業情報の帳票サンプル(貸借対照表、予算実績管理表)
  • 販売管理の帳票サンプル(販売明細書、分類別在庫管理)
  • 営業支援の帳票サンプル(請求書、納品書)

サンプル帳票

サンプル帳票のPDFファイルはInterstage List CreatorのPDF変換機能を使用して作成しました(高速に変換でき、ファイルサイズがコンパクトです)。

高い生産性

紙やWORD / EXCEL / PDFファイルの帳票を自動変換(帳票・オーバーレイの自動生成機能)

紙帳票のスキャナイメージ、あるいは ExcelやWordなどの使い慣れたツールで作成した帳票イメージは、罫線、網がけ、文字などをカラーで自動認識して、Interstage List Creatorの帳票に簡単に変換できます。帳票が自動的に生成されるため、帳票レイアウトの設計時間を大幅に短縮できます。

ホスト帳票定義体の移行

富士通のメインフレームやオフコンの帳票定義体は、変換ツールにより簡単にInterstage List Creatorの定義体に移行できます。開発効率が大幅に向上します。

データベースからの帳票設計(項目情報の取り込み機能)

データベースの項目情報を取り込み、ドラッグ&ドロップ操作するだけで簡単に帳票を設計できます。

帳票定義体の一元管理(帳票定義一覧画面)

帳票設計ツールの「帳票定義一覧画面」から「プロパティ画面」を起動し、各帳票の出力方法などを設定・変更できます。 設計した帳票を再度開き、帳票設計を行う必要はなく、外部から変更可能です。「帳票定義一覧画面」から複数の項目を選択し、出力方法の一括変更も可能です。 また、帳票の出力関連情報は、帳票出力時に動的に属性を指定することもできます。

帳票デザイン設計書の自動生成

帳票のレイアウトイメージ、帳票の仕様、項目仕様、パーティション仕様、入力データ仕様を仕様書として自動生成できます。さらに、編集前後の帳票定義情報を比較し、差分情報を仕様書として自動生成することもできます。

多彩な表現力 ~さまざまなレイアウト、バーコード、イメージ出力など~

表現力豊かな帳票設計

国際市場に対応できるよう13言語(日本語、英語、中国語(簡体/繁体)、韓国語、タイ語、ベトナム語、ポルトガル語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、チェコ語)に対応した帳票レイアウトを豊富で多彩な表現を使って設計できます。QRコード、GS1データバー 拡張型(エクスパンデッド)、GS1-128シンボルといった多種多様なバーコードをサポートし、図形、円グラフ、レーダーチャート、折れ線グラフ、棒グラフなどを差し込んだり、文字フォントのサイズや装飾、ピッチも自由自在です。

売上伝票、予算実績管理表

合計の自動計算出力は当然のこと、横方向の明細出力に対応し、ある条件を満たした場合に下線を引いたり、文字色や背景色を変えることができます。また、ドット単位の設計が行えるため厳密な印刷位置が要求される帳票にも簡単に対応できます。さらに連続用紙の縦幅に合わせて改ページすることもできます。

QRコード付きラベル、振込用紙(GS-128:旧称UCC/EAN-128)、EIAJ標準納品書(Dラベル)

PDF417、MaxiCode、マイクロQRなどの最新二次元バーコードにも対応しています。

請求書

ページごとに形式が異なる帳票を1つの帳票として出力でき、カラー印刷もできます。元号のカスタマイズ、西暦・和暦の切り替え、数値の切り上げ、切り捨て、四捨五入といった演算結果の丸めなども対応しています。さらに矩形領域内での自動改行や出力域の自動拡張、文字の自動縮小出力により帳票から文字がはみ出すといったトラブルを防ぎます。

分類別在庫管理表、請求書

同じデータが続く場合は空白や代替文字列を出力するグループサプレス機能、集団印刷する項目に優先順位を設定することでセルを結合した罫線出力ができるためExcelで見たままの表が出力できます。また、明細が次ページに続く場合は「続く」や「続き」を出力したり、ページ番号、総ページ数を自動カウントして出力することもできるため面倒な設定も不要です。さらに、明細の段組みに対応しており、同一ページに明細を折り返して出力したり、次ページに明細データを出力する場合は、明細見出しを自動出力します。

貸借対照表

複数の明細表から貸借対照表を作成でき、「承認」などの押印イメージを透過指定して印刷することができます。

請求書

条件指定によるヘッダ、フッタを切り替えて印刷することができ、お送りする宛先ごとのフォーマットに沿った請求書が作成できます。

海外向けの帳票出力

Interstage List Creatorでは、13言語(日本語、英語、中国語(簡体/繁体)、韓国語、タイ語、ベトナム語、ポルトガル語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、チェコ語)の帳票を簡単に作成できます。日本で各国の言語の帳票を設計し、海外拠点へ帳票出力できるため海外拠点でバラバラに導入された帳票出力システムを1つに集約できます。また、すべての拠点で共通の帳票設計・生成ソフトウェアを使用できるため、拠点展開時に個別に帳票生成アプリケーションや帳票を作成する必要がなく、短期に拠点の帳票システムを構築できます。

  • 注1
    タイ語でPDF出力を行う場合、使用するタイ語フォントごとに個別の対応が必要となります。詳細についてはお問い合わせください。

Interstage List Creator に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage List Creator Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ