帳票作成・帳票運用FUJITSU Software Interstage List Creator
機能 - さまざまな環境や運用に柔軟に対応 -

さまざまな運用形態 ~センター出力、分散出力、Web運用など~

ローカル帳票出力

スタンドアロン環境で、帳票の印刷、Fax送信、電子帳票保存、PDF生成、Excel生成、TIFF生成が行えます。詳細は、機能一覧表Interstage List Creator(帳票運用機能)の『出力方法』をご覧ください。

分散出力(リモート帳票出力 / コネクタ連携)

分散出力環境を実現する「コネクタ連携機能」および「リモート帳票出力機能」を提供しています。「コネクタ連携機能」では、別サーバからの要求により、出力サーバで生成された帳票データを要求元サーバで取得することもできます。アプリケーションサーバと印刷サーバ間はデータを圧縮して転送するため、ネットワークに負荷をかけずに運用することができます。上記の機能を利用すると、帳票の生成と出力処理を分離させ、マシンの負荷分散を実現した帳票出力環境が構築できます。

Web手元印刷機能

Webブラウザでビジネス帳票印刷が可能です。Webアプリケーション(Java、ASP、CGIなど)からの帳票印刷においても、罫線や網がけなどを駆使した本格的な帳票を印刷できます。印刷資源は、すべてサーバ上で一元管理し、クライアント側で動作するInterstage List Creatorの実行モジュールで印刷を行います。Web環境の通信でもデータを圧縮して転送し、低速な回線でも効率良くネットワークを利用してストレスなく運用を行えます。

データ到着監視

FTPなどのファイル転送により、帳票出力サーバの特定のディレクトリ(監視フォルダ)にデータファイルが到着するのを監視して、自動的に帳票を出力する機能です。

帳票出力インターフェース

引数として帳票名や印刷データファイル名、出力方法などを指定します。帳票のレイアウトにあわせた出力制御はプログラミングの必要がないので、開発コストを低減できます。

  • コマンド
    バッチ処理などのコマンドを起動するアプリケーション向けのインターフェースです。
  • Javaインターフェース
    Javaアプリケーション向けのインターフェースです。
  • .NETインターフェース
    Microsoft Visual Basic.NETやC#等のアプリケーション向けのインターフェースです。
  • カスタムコントロール(OCX)
    Microsoft Visual Basicのアプリケーション向けのカスタムコントロールです。
  • COBOLインターフェース
    FUJITSU COBOL85 / 97、NetCOBOLのアプリケーション向けのインターフェースです。
  • 帳票Webサービスインターフェース
    Interstage List Creatorを使用して帳票出力を行うWebサービスです。アプリケーションはプラットフォームを意識せずに構築可能で帳票処理を抱える必要がなくなり、業務システム開発の効率化、システム全体のコストダウン、システム変更に柔軟に対応することができます。

Interstage List Creator に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage List Creator Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ