GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Infrastructure Manager(ISM)
特長

ICインフラ管理を統合・可視化・自動化

Infastructure Manager(インフラストラクチャーマネージャー、ISM)は、ICT機器について、管理の統合、異常状態やパフォーマンス情報の可視化、設定の自動化、これらの機能により、ICTインフラの運用をより一層簡単にします。

【統合】複雑化する管理を統合して効率アップ

ism_0
  • サーバ、ストレージ等のICTインフラ機器を1つの画面で統合管理
  • 異なる種類の機器のファームウェアも共通の手順でアップデート
情報の統合管理

ダッシュボード

  • 管理対象の全ICT機器の状態(正常、異常)をひと目で把握できます。
  • 画面レイアウトは当製品が提供するウィジェットを用いてカスタマイズ可能です。
    (ウィジェット例:アラームステータス、イベント、フロアビュー、ラックビュー)

ファームウェアの一覧管理と選択アップデート

管理下の機器のファーム版数を一覧管理できます。
旧版がインスト―ルされているアップデート候補は色分けし、ひと目で確認できます。
対象機器を選択して一括アップデートできます。

fwup

【可視化】機器状態や異常の影響範囲を集約表示

ism_1
  • ラックと搭載機器の状態をステータス情報と共に3D表示
  • 物理・仮想のネットワーク結線をマップ表示
ICTインフラ環境の可視化

機器ステータスを直感的に把握

  • データセンター建屋、フロア、ラック、ICT機器(サーバ、ストレージ、スイッチ)と階層構成で、データセンターからICT機器まで設置情報を管理できます。
  • フロア図でフロア内のラック配置位置を、ラック図でラック内の機器搭載位置を直観的に把握できます。
  • データセンター→フロア→ラック→ICT機器でフォーカスしたい部分にドリルダウンする直観的な操作により、必要な時に必要な情報を得られます。
  • 機器自体が有している電源、エラー、CSS(Customer Self Service)等のLEDによる状態表示(点灯/消灯)を本製品の管理画面上にLEDパネルのイメージで表示します。視覚的にひと目で管理対象機器の状態を把握することができます。

    function1

  • フロアにおけるラック、機器の配置およびステータスを三次元表示します。これにより機器の配置、障害発生の有無の視認性を向上します。また、消費電力、吸気温度を機器またはラック毎に色分けして表示します。
    サーバルーム内の消費電力の偏りや熱だまりを立体イメージで把握できます。
    3DView-1 3DView-2
    ステータス表示吸気温度表示

ネットワークマップ

  • 管理対象機器間のネットワーク結線状態を画面上の接続図で確認できます。
  • 結線状態に変化が発生した場合に、変更箇所を画面で確認できます。
networkmap

【自動化】作業時間を大幅に削減、操作ミスも撲滅

ism_2
  • 機器増設時に設定情報を既存機器から容易に複製
  • ラック単位で電力上限値を設定、機器パフォーマンスを自動制御
ICTインフラ構築工数/技術の属人化の排除

サーバの自動構築、復旧

  • プロファイル作成
  • プロファイルによるハードウェア設定、BIOS設定
  • プロファイルによるHypervisor/OS/サーバ運用管理ソフト(Serverview Suite)等のインストール

ストレージの自動構築、復元

ストレージ構築/増設あるいは故障からの復旧時に、各シナリオに沿ってストレージを自動でセットアップできます。

  • プロファイル作成
  • プロファイルによるRAID設定、ホットスペア設定、ホスト接続設定

ネットワークスイッチの自動構築、復元

スイッチ構築/増設あるいは故障からの復旧時に、各シナリオに沿ってスイッチを自動でセットアップできます。

  • プロファイル作成
  • プロファイルによるSNMP設定、NTP設定、STP設定

ラック単位で電力上限値を設定

機器パフォーマンスを自動制御

必見 ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)注目情報

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)