概要


お客様のオフコンシステム環境を富士通のデータセンターで運用

「FUJITSU Cloud Service for オフコン」は、富士通のデータセンター内にあらかじめ設置したサーバ、 ストレージなどのハードウェアリソースを、富士通オフコン用OS(ASP)が動作するプラットフォームとして、 ネットワーク経由で利用することができるIaaS型のクラウドサービスです。クラウド基盤における各コンポーネントの 徹底的な冗長化とフェイルオーバ機能の実装により、高度なサービス可用性を実現。専用のASPソフトウェアと 組み合わせることで、お客様が現在保有しているオフコンシステムのアプリケーションおよびデータを、 ユーザビリティそのままにご利用いただけます。

お客様のオフコンシステム環境を富士通のデータセンターで運用

運用要員の負荷軽減

「FUJITSU Cloud Service for オフコン」を利用することで、お客様はオフコンシステムのハードウェア環境の保守・運用業務から解放されます。さらに、ASPや関連ソフトウェアを含むお客様オフコンプラットフォームの運用を富士通のオペレーターがご支援する「オフコンプラットフォーム運用支援サービス」や、クラウド基盤への移行をご支援する「オフコン資産移行支援サービス」など、これらのサービスを複合的に利用することで、お客様オフコン資産を維持・継承するための運用負荷を軽減します。

投資の最適化

業務量、データ量の増減に応じて、ハードウェアリソースを柔軟に変更できます。また、インフラの老朽化対策は富士通責任で実施してまいりますので、お客様がこれまで数年おきに行ってきたインフラ更改の検討や、大規模な一時投資は不要となります。業務開発目的などで、本サービスを一時的にご利用いただくこともできます。

事業継続性の向上

堅牢でセキュアーな富士通のデータセンターでシステム運用することで、お客様の基幹業務の安定運用をご支援します。また、ハードウェア故障に備えたフェイルオーバリソースも標準配備しますので、単体システムに比べ可用性が向上します。本サービスは、お客様がオンプレミス導入されている本番システムに対する、災対システムとしてもご利用いただくことができます。

オフコン環境の確実な継承

お客様の現行オフコンシステム(オンプレミス導入)上のアプリケーションおよびデータは、「FUJITSU Cloud Service for オフコン」上に完全継承できます。また、お取引先とのデータ連携を回線経由で実施されている場合にも柔軟に対応することができますので、従来の運用方法を変更することなくクラウド環境への移行が可能です。

オフコン に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

オフコンのご購入やサービスの導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやシステム導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話での問い合わせ

ページの先頭へ