GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software GSS21sx ストレージ管理パック V20

統合ストレージ管理を実現するGSS21sx ストレージ管理パック

(注) GSS21sx V10 ストレージ管理パック の後継製品です。

GSS21sx ストレージ管理パック の製品概要

システム運用作業の省力化に必要なストレージの自動管理、バックアップ/リカバリ操作等の運用性向上を図る統合ストレージ管理機能をご提供します。

データ量の増加に伴い、磁気ディスク装置や磁気テープ装置等の資源が多くなり、運用管理の負荷が増大してきています。

GSS21sx ストレージ管理パックは、システム運用作業の省力化に必要なストレージの自動管理、バックアップ/リカバリ操作の簡易化を実現する統合ストレージ管理基盤ソフトウェアです。

本製品の導入により、ストレージの有効活用、バックアップ/リカバリなどのデータ保全作業の簡易化・自動化といった統合ストレージ管理を実現し、運用管理におけるTCOの削減が実現できます。

製品概要

GSS21sx ストレージ管理パック の提供機能

  • ストレージの自動管理 : GSM/MNGR
    データセットの割り当て、不要データセットの削除、未使用領域の解放といったストレージ管理の自動化、データの自動バックアップ/リカバリ機能の強化等、ストレージ資源の管理作業に対する自動化・省力化機能により、効率的なセンタ運用が実現できます。
  • バックアップ/リカバリ操作の簡易化 : GSM/DARCV
    DBと一般データセット混在ボリュームの一括バックアップ/リカバリが可能となります。バックアップ媒体やバックアップ履歴の自動管理機能により、管理負荷が軽減されます。また、バックアップ/リカバリの操作をGSM操作画面から行うことにより操作の簡易化が実現できます。

    バックアップ/リカバリの簡易化・省力化・高速化を実現


    GSM/DARCVではDBの種類は関係なく簡単な操作で、高速にバックアップ・リストアが行えます。
  • ディスクアレイの常駐キャッシュ(Bind In Cache)機能 : GSM/RAIDmgr BICUTY
    ディスクアレイの高速アクセスのための常駐キャッシュ(バインド・イン・キャッシュ)を可能とします。バッチによるBIC管理機能を、定型業務に組み込んで、自動化することができます。バッチ業務の開始前に必要なデータをキャッシュ化し、業務終了後にキャッシュから削除することで、バッチ業務時間を短縮する効果が期待できます。

    バッチによる実行で定型業務に組み込み自動化


    GSM/RAIDmgrではバッチジョブからBind in cache操作が可能です。

適用OS・ご提供時期

GS21シリーズ

製品名 サポートOS 提供時期
GSS21sx ストレージ管理パック V20 OSIV/MSP 2018年9月末~
GSS21sx ストレージ管理パック V20 OSIV/XSP 2018年9月末~