都市インフラ

安全安心のための
防災・減災対策

安全安心のための防災・減災対策の利用シーン

近年、広域に渡る大規模地震や、台風・ゲリラ豪雨による洪水や土砂災害等の自然災害が全国で多発しており、自治体や消防・警察などに課せられる責務や役割は重く、対応も高度化が求められています。いつどこで発生するかわからない災害に対して、効率的かつ効果的な防災・減災活動を実現するには、災害情報や被災情報をいかに迅速に収集し、かつ住民へ情報発信できるかが重要です。
地域住民の安全・安心な暮らしの実現に向けて、ICTを活用した防災・減災対策の利用シーンをご紹介しております。

ソリューション紹介資料

利用シーンの各レベルを実現するソリューションに関して、ここではその一部をダウンロードしてご覧いただけます。
詳しい内容をご希望の方は、下記「入力フォーム」よりお問い合わせください。

総合防災情報システム

災害発生時、現場情報を迅速かつ効率的に収集し、関係者との共有・整理及び行動の意思決定を支援します

河川情報システム

河川の状況を迅速かつ正確に収集し、河川管理者の水防活動、施設運用と住民への情報提供を支援します

砂防情報システム

土砂災害警戒区域等の危険個所や土砂災害警戒判定メッシュの情報を用いて、住民への情報提供を支援します

「デジタル革新オファリング」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ