モビリティ

安全で快適なモビリティ社会へ

クルマのインテリジェント化、コネクテッド化への急速な技術進化によりクルマの世の中における位置づけが変わり、移動のイノベーションに加え、生活のイノベーションが期待されています。具体的には、快適な移動、ドライバー・運転士・歩行者の安全、輸送効率向上のみならず、「交通事故・渋滞」「高齢者問題」「都市人口増加」「ライフスタイルの多様化」「環境問題」といった社会問題や変化を解決するインフラサービスとして期待が高まっています。

「モビリティ」における3つの課題

課題1 経済活動を支える交通情報の整備

交通情報を利活用して、経済ロス・環境ロスである渋滞をなくし、公共交通を含めたライフスタイルにあった移動インフラの柔軟な利用環境を提供して、活発な活動を促していくことが求められています。

  • 都市部の交通渋滞による輸送遅延
  • 個々の状況・ライフスタイルに応じた移動選択肢の必要性

課題2 人と車の安全対策

個々のドライバー・運転士の状況と特徴にあった運転を支援する機能をサービスとして提供するばかりでなく、健康管理・増進を支援する機能を提供して安心と安全を高める必要があります。

  • 高齢者ドライバー、サンデードライバーへの対応
  • トラック・バス・タクシードライバーの高齢化・不足

課題3 運転情報を含む交通情報の横断的分析

交通情報を単体から横断的なデータ分析することで情報としての価値・精度を高めることが求められています。

  • 各企業、各部門毎に散在・蓄積されている交通情報・データ
  • データ統合、各種データ組み合わせ困難

アプローチ - 富士通からのご提案

  • 安全で快適な走行・移動支援

    モビリティデータにより、ドライバーや移動者へのサービス提供を支援します

  • 公共交通の運行最適化

    位置情報を活用した運行支援で、利用者の利便性を向上します

「富士通フォーラム2019」イベントレポート

次世代モビリティ社会を支える
リアルタイム処理

走行中の車と周囲の情報が画面上にリアルタイムに表示、新しいモビリティサービスの促進を実現

富士通のモビリティデジタルツインが実現する未来

富士通が提唱するモビリティデジタルツインとは?
新しいサービス創出に期待される技術をご紹介

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ