ものづくり

設計と生産の見せる化によるスマートな「ものづくり」

顧客の要求の多様化が進み、製品開発に求められる品質・スピードや、生産現場のオペレーションはより高度により複雑になってきています。今、生産現場で求められているのはバーチャルとリアル、マーケティングの有機的な融合といえます。企業のデジタル化が進むなか日本のものづくりに対して富士通の最先端テクノロジーが貢献しています。

「ものづくり」における2つの課題

課題1 ものづくりの高度化

顧客のニーズは絶え間なく変化し、複雑化をたどる一方。ユーザー発想での製品開発を実践しようとすると、製品のバリエーションを拡大しつつ、よりスピーディな開発を実現する必要があります。また、開発の多角化は、1つの製品開発に対するコストの削減を要求し始めています。

  • 嗜好の多様化
  • 商品・サービスの複雑性の拡大
  • 商品開発サイクルの早期化

課題2 ものづくりの複雑化

開発・生産拠点のグローバル化が進展するなか、他部署や部門横断的な交流、他社と協業する機会も増加しています。生産オペレーションや部門責任者には、従来よりもタイムリーな状況把握とスピーディな対策の実施求められています。

  • 市場・拠点数増加
  • 国内/海外の統合オペレーション
  • 部門横断的コラボレーション

アプローチ - 富士通からのご提案

  • モノをつくらないものづくり

    高度化するものづくりに対して、フロントローディング、コンカレント化を可能にします

  • 工場全体の“見せる化”

    ものづくりのあらゆるデータをつなげてリアルタイムに状況を把握します

  • 生産現場の自動化

    自社工場で培った技術のノウハウで、製造工程の自動化と稼働率向上を支援します

「富士通フォーラム2019」イベントレポート

工場のIoT活用を支援する
ネットワークセキュリティ

製造現場のIoT化が進む中、工場ネットワークの安全性を強固に保つソリューションを紹介

あらゆる現場データでKPIを
リアルタイムに可視化

製造現場で収集した情報をバーチャル環境で分析・検証し、よりスマートに生産性を向上させます

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ