ローカル5G

地域や個別の多様なニーズに応じて企業や自治体が主体となって自営の5G(ローカル5G)の導入が可能になります。このローカル5Gを導入することにより、多くの企業がデジタル革新をスタート・促進できるようになります。富士通は、全国のサービス事業者のインフラ構築を支援するとともに、ローカル5Gにも積極的に取り組みます。

富士通が描く「ローカル5Gで切り拓く未来の変革」
通信事業者以外の企業や自治体が提供する自営の5G、「ローカル5G」が注目されています。
富士通が描くローカル5Gを、ものづくり・ヘルスケア・建設現場/プラント等の現場でのユースケースを踏まえ、ご紹介致します。

デジタル革新のスタート・加速

ローカル5Gの自営的利用
  • 占有できる
    通信環境
  • 災害・緊急時の
    通信手段確保
  • 柔軟な通信
    エリアづくり
5G
  • 通信速度・
    容量の向上
  • 同時接続数の
    増加
  • 遅延時間の
    削減

ものづくり - 生産現場の高度化

現在、工場では生産ライン上の装置の稼働状況や生産品の状態を目視で監視し、必要に応じて装置の操作やライン稼働の変更をしています。
製造業では、日本に限らず、世界中で人員不足が顕在化しており、こうした作業の自動化を求める声が高まっています。

導入前のニーズ

  • ケーブルレス化によりライン変更を容易にしたい
  • 高精細カメラ映像を自動で解析してほしい
  • より多くの機器からセンサーデータを集めて活用したい
  • 生産性向上のために自動化を促進したい

導入後

「生産現場の高度化」導入後の概念図

課題 従来 ローカル5G導入後
人手不足 人による機械の操作 自動操縦
現場で人が監視 現場の監視カメラの高精細映像を監視者に送り、遠隔確認が可能
遠隔での確認・操作には高精細な映像が必須です。
高精細な映像を高速、低遅延で送るために5Gが必要となります。
AIデータ解析を活用した異常検知
それぞれの現場で別の人が監視 施設内の複数の生産現場の状況を1人で管理、監視、操作、制御が可能。(監視する場所を1つに集約できる)
製造ラインの非柔軟性 密集したケーブル配線により、製造ラインを変更する事が困難 無線化でレイアウトのカスタマイズが容易になり、ライン変更が頻繁に発生する少量多品種の製造ラインの最適化が可能
データ未活用 業務改善に活かせるデータが少ない。
データが膨大で処理が追いついていない。
高精細な映像などのビッグデータをクラウド上で管理し、AIデータ分析に活用する

ヘルスケア - 医療現場を支える

医師と看護師とその他サポートする人がそれぞれ患者に関するデータを持っていますが、そのデータ連携がスムーズに行えていない状況です。
高齢化社会に伴い、医療従事者の負担が増えている中、それぞれの情報のリアルタイムの共有が期待されています。

導入前のニーズ

  • 高精細の医療データをスムーズにやりとりしたい
  • 個人情報のセキュリティは確保したい
  • 医療従事者の負担を減らしたい
  • 患者の待ち時間を減らしたい
  • 遠隔で患者の状態を把握したい

導入後

「医療現場を支える」導入後の概念図

課題 従来 ローカル5G導入後
待ち時間問題 適切な該当診療科にたどり着くまでに時間を要する事があり、またその引き継ぎに時間がかかる。 一診療科診断中に、他の診療科、複数の診療科と連携、そのまま診察してもらうことが出来る。
医師、看護師不足 入院患者も増えてきており、他業務をこなしながら病室を見て回る必要があり、常にスケジュールがひっ迫している ウエラブル端末や他IoT機器から患者のデータをナースセンターに送ることで、常時、患者の状態を遠隔で把握することが可能
医師が一人一人対面で診察する 医師が医務室に居ながら遠隔で診察が出来る
セキュリティの脆弱性 wifiだと、通信エリアを区切ることが出来ない。また、セキュリティ面が弱い。 院内の決まった箇所に電波が届かないように出来る。セキュリティが向上。
機器移動の危険性 医療機器の移動の際に、配線を考慮し慎重に動かす必要がある 無線化で医療機器移動もスムーズに行える
外国人対応 患部に関する詳細をヒアリングする際に意思疎通が困難な場合がある 自動翻訳により、患者も医師も難なくコミュニケーションが可能。

保全・安全 - 現場作業の遠隔支援

プラント等の作業現場では、音声だけの限られたやりとりのみで、作業者と事務所の支援者同士が細かい現場の状況及び指示を伝える事が難しいのが現状です。
動画や画像を使ってリアルタイムでやりとりする事で、誰もが安心して正確な作業ができる、生産性の高い現場の実現が求められています。

導入前のニーズ

  • 動画や画像を使ったやりとりをしたい
  • スキルや経験の有無に捉われず作業をスムーズに行いたい
  • 目視監視を自動化したい
  • 現場での作業時間を減らしたい

導入後

「現場作業の遠隔支援」導入後の概念図

課題 従来 ローカル5G導入後
不感知帯 通信エリアが十分でない 自営で電波を管理できる
トランシーバーなどを使用している場合、音声のみのやりとりしかできない状態 音声のみでなく、画像や動画等を使用したコミュニケーションが可能
災害対策が行えていない 自営でネットワークを構築している為、災害時にも通信ができる
特定の作業員による
現地作業
人の経験にもとづく判断・操作が必要な為、電話口での説明が困難 HMDでの遠隔指示
紙のマニュアルを確認しながらの作業。 動画や高精細画像を使用し、遠隔からリアルタイムで作業の説明をすることができる
現場監督が目視で監視。操作が必要な場合、作業員が現場に行き操作する必要がある。 遠隔地から、現場の高精細映像をもとにAIを使った自動監視、及び遠隔操作が可能。

「5G」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ