構造・熱解析ソフトウェア Jupiter-Designer for iCAD

 
  
CADアセンブリモデルを
そのまま評価、
市場投入までの
時間短縮が可能
 
Jupiter-Designer for iCAD

Jupiter-Designer for iCADの3つの特徴

製品を最大限に活用するため、富士通九州システムズがサポートいたします

Jupiter-Designer for iCAD活用に向け、コンサルティングや受託解析など、お客様のニーズに合わせたサービスを弊社の解析実務経験が豊富なメンバーよりご提供させていただきます。
また、ご要望に応じて、お客様内で解析に携わっておられる設計者様への実践トレーニングも実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

トレーニング例:初心者向けセミナー
構造解析知識と応力解析や固有値解析、熱伝導/熱応力解析の基本操作方法を習得できる内容

機能概要

解析機能だけでなく、iCAD連携機能、操作性の良さでお客様の製品開発を協力にサポートします。


Jupiter-Designer for iCADを活用した解析事例


  • プレス機の変形解析

    一般接触(接触面が離れることが可能)と固着接触を使い分けた計算が容易に行えます。

  • マシニングセンタの振動解析

    生産機械の固有値解析(動特性計算)が可能です。また、固有値解析結果を元にモーターなどの外部振動に対する応答を計算することができます。

  • 設備の地震振動解析

    プラント設備の固有値解析(動特性計算)と、その結果を利用した地震波形に対する応答を計算することができます。

  • 配管固定用ブラケットの熱応力解析

    各部品に境界条件(境界温度/表面熱流束など)を与えて熱伝導解析を行ない、全体の温度分布を計算し、温度分布結果を元に熱応力計算を行ないます。

動作環境

ベースモジュール:Pre・Post・Solver

OS Windows10(64bit)
CPU Core 2 Duo以上のプロセッサー
メモリ 4GB以上
ビデオカード

下記に準拠したビデオカードに対応

  • True Color(24bit)、もしくはFull Color(32bit)が表示可能
  • VRAM:128MB以上
  • OpenGL v3.2以上に対応
  • 動作確認済みのビデオカードにつきましては、「ビデオカード(開発元動作確認済)」をご参照ください
  • Intel HD Graphicsシリーズは動作保証対象外です。
  • ビデオカードドライバーは最新のものをご使用ください。
HDD アプリケーション本体:2GB(フルインストール)
モデル:20GB以上(格納モデルサイズに依存)

ライセンスサーバ(FLEXlm)

    
FLEXlmバージョン V11.14以降(Imgrd.exe, lmtools.exe, TSVENUS.exe)
V11.11.0以降(dtech.exe)
OS Windows Server 2012 以降
  • Windows Updateにより最新の状態になっていること
Windows 10以降
  • スリープの設定を必ず解除してください
CPU OSが推奨するプロセッサー
メモリ OSが推奨するメモリ容量
HDD

100MB以上の空容量

ランタイムライブラリ Visual C++ 2015(14.0.23026.0 以降)
  
ランタイムライブラリ Visual C++ 2008 SP1 64bit(9.0.30729.5677)
Visual C++ 2010 SP1 64bit(10.0.40219.325)
  • ランタイムライブラリは自動的にインストールフォルダに入ります。そのためインストールする必要はありません。

CADおよびソルバー入出力サポートバージョン

  
CAD入力サポートバージョン Parasolid(*.x_t, *.x_b, *.xmt_txt)V25以下
ソルバー出力サポートバージョン TS-Solver V4.0

開発元動作確認済ビデオカード


  • 推奨ビデオカード以外でのグラフィックトラブルについては、サポート致しかねますのでご注意ください。
  • 物理メモリは解析モデル規模によって必要量の目安が異なりますので、詳細は担当SEにお問い合わせください。
  • 次期V4.0よりFLEXlmはV11.14以降でのみ動作可能です。

よくある質問

製品について

    • 標準の解析機能は、線形静解析・固有値解析・熱伝導解析となっており、周波数応答解析・過渡応答解析・線形座屈解析についてはオプションが必要です。
      応力解析では静的(時間に依存せず一定)な解析のみに対応しており、動的(時間軸で変化あり)な解析は非対応です。
      ただし、過渡応答解析では、時系列で変化する振動を解析することが可能です。また、塑性変形を伴う非線形領域の解析には対応していません。
    • ソリッド(テトラ・ヘキサ)、シェル、各種1D要素に対応しています。
    • ローカルメッシュ設定コマンドにより、任意のフェース、パーツ単位でメッシュサイズの指定が可能です。
    • 可能です。流体密度を定義することで、水以外の液体による圧力も考慮することができます。
    • 輻射には対応しておりません。
    • 完全固着の接触や滑りを伴う接触を定義できます。
      Jupiterではアセンブルモデル単位で接触面のペアを自動的に検出し接触を付与できるため、個別の接触定義は不要です。
      非常に簡単かつスピーディな接触定義を実現しています。
    • 登録可能です。各種材料パラメータを任意で定義できます。
    • 可能です。事前に材料の降伏応力を設定することで、設定値を閾値とした安全率コンター表示が可能です。
    • ビューワは標準で同梱されており、無償でご提供できます。
      ただし、ビューワ閲覧用のファイルを出力するためにはビューワファイル出力オプションが必要です。
    • ネットワークライセンスのみのご提供となります。
    • 節点数により必要なメモリ容量が異なります。最低限で8GB以上を推奨致します。ただし、節点数増加に伴い、適宜メモリの増設をお勧め致します。

提供サービスについて

    • 操作教育だけでなく、構造解析の座学やお客様モデルによる実践演習も行っております。
    • サンプルモデルによる操作演習に対応したテキストを有償で販売致しております。
      操作マニュアルとしてだけではなく、解析のテクニックについても参考としていただける内容となっております。
    • 年間サポート契約を締結中のお客様は、インストールモジュールを専用サイトから回数制限なくダウンロードいただけます。
      専用サイトはFAQサイトも兼ねておりますので、よくある質問集は日々の解析に関する疑問点の解決に役立てていただけます。
      また、サーバー移設に伴うライセンスの再発行が年1回まで無償で受けられます。
      その他、各種ライセンストラブル、解析モデル作成のご不明点に関する対応、解析結果考察など、解析経験豊富なサポートメンバーがお客様の製品開発を強力にご支援致します。
    • 前述のメリットをご提供できなくなるため、お客様の製品開発に支障が出る可能性が高まります。
      なお、サポート契約の再締結は可能ですが、解約期間中の費用は遡及でご請求となります。
 

お知らせ

お電話でのお問い合わせ

  • 株式会社 富士通九州システムズ
    エンジニアリングソリューション本部

    福岡:092-260-6229
    大阪:06-6920-5900
    東京:03-6424-9942

    受付時間:平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

                   

メールでのお問い合わせ

                     

Jupiter-Designer for iCADに関する資料請求、お問合せ

ページの先頭へ