熱流体解析ソフトウェア Autodesk CFD

流体解析の専門家によって
利用されてきたCFDを
一般の設計者でも簡単に利用
熱流体解析ソフトウェア Autodesk CFD

製品の設計および開発のライフサイクルを大幅に短縮

富士通九州システムズが提供するサービス

Autodesk CFD活用に向けたコンサルティングや受託解析など、お客様のニーズに合わせたサービスを経験豊富なメンバーが提供させていただきます。
また、貴社内メンバーへのトレーニングも実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

機能

3次元CADとの連携

各種3次元CADからの直接起動、あるいは各種3次元CADファイルを直接読み込んで計算実行することができます。

FUSION 360

自動メッシュ作成

初心者には難しいメッシュサイズを自動的に設定します。また、局所的にメッシュサイズを細かくし計算精度が向上します。

解析結果の可視化

使いやすい高速な可視化ソフトウェアと統合されています。1億メッシュ以上の大規模解析結果まで、高速に可視化することができます。

解析結果の可視化

複雑な形状モデルを自動的に簡略化したメッシュを生成します。

  • 複雑モデル

  • 自動簡略化

強力な可視化処理機能

シェーディング表示、半透明表示、ベクトル表示、流線表示など様々な可視化機能が用意されています。
下の画像は、バルブ周りの流線表示とベクトル表示の例を表示したものです。

複数の解析結果を同時に比較表示することができます。

 
 

ホワイトペーパー

適用論文紹介

  • 基板上に配置された複数熱源からの複合伝熱に関する数値計算
    第15回計算力学講演会
  • 基板上熱源からの複合伝熱に関する研究
    第39回日本伝熱シンポジウム
  • NUMERICAL SIMULATION OF CONJUGATE HEAT TRANSFER FROM MULTIPLE ELECTRONIC MODULE PACKAGES COOLED BY AIR
    International Electronic Packaging Tehnical Conference and Exhibition
  • Conjugate heat transfer from an electronic module package cooled by air in a rectangular duct
    国際伝熱会議

セミナー資料

(2013年 次世代の設計者CAEセミナー)

  • Autodesk Simulation 製品開発の方向性
  • Autodesk Simulation Mechanical 紹介
  • Autodesk Simulation 2014 Technical Tips

(2012年Autodesk Simulaiton CFD 2013 機能・操作説明会)

  • Simulation CFD 2013 機能操作説明会 条件設定/解析実行編
  • Simulation CFD 2013 機能操作説明会 解析結果の可視化編

(2009年CFdesignアップデートセミナー)

  • CFdesign開発の歴史
  • CFdesign 2010 で実現されるデザインオートメーション
  • CFdesignの設計段階における活用テクニック

お知らせ

お電話でのお問い合わせ

  • 株式会社 富士通九州システムズ
    エンジニアリングソリューション本部

    福岡:092-260-6229
    大阪:06-6920-5900
    東京:03-6424-9942

    受付時間:平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

                   

メールでのお問い合わせ

                     

熱流体解析ソフトウェア Autodesk CFDに関する資料請求、お問合せ

ページの先頭へ