GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

CAESES CFD連携形状最適化ソフトウェア

Upfront CAE for simulation-driven shape optimization

CFD連携形状最適化ソフトウェア

CAESESは自由曲面のパラメトリックモデルを作成し、それを解析ソルバーと連携して最適化することができます。つまりCAD機能と最適化機能を合わせ持つ世界で唯一のソフトウェアです。モデル作成から計算実行、結果評価までの一連のプロセスが統合化・自動化されたインターフェースで、設計者は設計空間をくまなく探索し、最大性能を発揮する製品を設計することができます。CAESESは従来の製品設計の常識を打ち破り、解析駆動型の革新的な製品開発環境を提供致します。
CAESES

CAD機能 ~パラメトリックモデリング~

CAESESの基盤は、パワフルで柔軟な3次元パラメトリックモデリングの機能であり、シミュレーション用に、特に流体解析(CFD)で利用することを念頭に技術開発されています。従来のCADとは異なり、CAESESが開発に注力してきたのは、例えば船体や航空機の外表面、回転機械のブレード、ダクトなど、流体性能が設計の支配的要素となる複雑な自由曲面をスマートにモデリングする機能です。従来のCADでユーザが組込めるパラメータと言えば、長さ・角度・オフセット量といった基本的な寸法のみですが、CAESESではスイープする断面の面積、重心位置、曲率、スイープパスの制御点などあらゆるパラメータを組込み、さらにその分布を関数で定義することも可能です。

プロペラのパラメトリックモデリング例

ピッチ角、スキュー、翼弦長などのパラメータの半径方向の分布を関数で定義しています。この関数を変更することで、いくつもの派生モデルの作成を自由に行うことができます。
CAESES
拡大イメージ (2.50 MB )

CFD連携

CAESESは、CFD(もしくはその他のシミュレーション)ソフトを駆動し、制御することができる統合型プラットフォームです。バッチ実行が可能なCFDソフトならCAESESとの連携が可能です。Software Connectorというたった1つのGUI上で、CADデータの出力/設計変数の指定/外部ソルバとの連携/結果データの取込みや可視化/ASCII結果ファイルからの値抽出などが可能で、CFDソフトと連携した最適化サイクルの自動化を実現します。
CAESES

最適化・可視化機能

CAESESのパラメトリックモデルは、設計変更モデル・派生モデルの作成に非常に適しています。ベースとなるモデルがパラメータやその分布を定義する関数を組込んで作成されれば、容易に多くの設計変更モデル・派生モデルを自動生成することが可能です。従来CADで問題となるようなエラーや不整合は起こりません。この技術が、CFDによって設計空間を容易にくまなく探索することを可能にします。
CAESESは、初期の検討に用いる実験計画サンプリングや単一目的最適化から、局所解が多く存在するような非線形空間の探索に有効な多目的最適化まで、多くの洗練された最適化アルゴリズムを搭載しています。複数の設計案の結果は、一覧表で自由に並べ替えたり、グラフ化して比較することが可能です。
またCAESESは、独自で結果の可視化機能を持っており、流速ベクトルや圧力分布の可視化、断面図や等値面図の表示も可能で、ポストプロセッサを持たないオープンソースソルバのポストツールとしてもご利用頂くことができます。
CAESES
CAESES
CAESES

CAESESに関するお問い合わせ先

株式会社 富士通九州システムズ
CAESES(ケイシス)担当
tel 電話:092-260-6224(直通)
資料請求・お問い合わせフォームへ