環境データ

事業活動および環境負荷

マテリアルバランス(2019年度)

富士通フロンテックグループの環境パフォーマンスをバリューチェーン全体で捉えるとともに、環境に配慮した事業活動を推進しています。

【対象範囲】
国内:本社・東京工場、新潟工場、熊谷SSC 海外:FDTP、FFNA
* INPUTの「エネルギー燃料」および、そのOUTPUTとなる「大気排出」は、新潟工場のみのデータ。

環境パフォーマンス

事業所活動が環境に与える影響を測定、監視しています。これらの情報を参考に、環境コンプライアンスを推進しています。

トレンドグラフ(気候変動、水資源、資源循環、化学物質)- 2019年度 -

気候変動

① GHG総排出量
② 使用エネルギー内訳
③ GHG排出量/売上高 原単位
④ 輸送CO2 (新潟工場)

【注釈】
富士通グループのSBT (Science Based Target) 等における開示データの対象拠点。購入電力のGHG排出係数は、すべて0.57。指標別の補足は以下の通り。

  1. GHG総排出量:2015~2018年度は、富士通(株)旧熊谷工場のデータも含む。
  2. 使用エネルギー内訳 (2019年度):「その他」使用エネルギーは、都市ガス、LPG、軽油、灯油。
  3. GHG排出量/売上高 原単位:①のGHG総排出量を連結売上高で除した数字。
  4. 輸送CO2 (新潟工場):GHGプロトコルの試算方法を採用。

水資源

① 上水使用量
② 地下水使用量(国内)
③ 使用水資源内訳
④ 水資源使用量/売上高 原単位

【注釈】
富士通グループのCDP、DJSI (Dow Jones Sustainability World Index) 等における開示データの対象拠点。指標別の補足は以下の通り。

  1. 上水使用量:2015~2018年度は、富士通(株)旧熊谷工場のデータも含む。
  2. 地下水使用量:2017年度の増加は、新潟工場での大雪による消雪への使用。
  3. 使用水資源内訳 (2019年度):「工業用水」は、FDTP(フィリピン)にて使用。
  4. 水資源使用量/売上高 原単位:上水、地下水、工業用水を連結売上高で除した数字。

資源循環

① 廃棄物総発生量
② 有価物売却量
③ 廃棄物・有価物内訳
④ 廃棄物・有価物/売上高 原単位

【注釈】
富士通グループのCDP、DJSI 等における開示データの対象拠点。指標別の補足は以下の通り。

  1. 廃棄物総発生量:2015~2018年度は、富士通(株)旧熊谷工場のデータも含む。
  2. 有価物売却量:売却品目は、主に金属くずと古紙。
  3. 廃棄物・有価物内訳 (2019年度):「最終処分」は、リサイクルの困難な汚泥等の埋め立て。
  4. 廃棄物・有価物/売上高 原単位:廃棄物と有価物の合計量を連結売上高で除した数字。

化学物質

① 化学物質取扱量
② 取扱化学物質内訳
③ 化学物質取扱量/売上高 原単位
 

【注釈】
富士通グループのCDP、DJSI 等における開示データの対象拠点。年間取扱量が100kg以上の化学物質(VOC、PRTRに該当)の合計量を記載。取扱量の内訳は、"大気への排出"、"消費量"、"除去処理量"、"リサイクル"。指標別の補足は以下の通り。

  1. 化学物質取扱量:2015~2018年度は、富士通㈱旧熊谷工場内のグループ会社分も含む。
  2. 取扱化学物質内訳 (2019年度):「VOCかつPRTR」は、VOCとPRTRの両方に該当する物質。
  3. 化学物質取扱量/売上高 原単位:化学物質取扱量を連結売上高で除した数字。

汚染予防(定期モニタリング) - 2019年度 -

① 地下水測定結果

単位:mg/L

測定項目法基準値本社・東京工場新潟工場熊谷SSC
測定値測定値測定値
0.01基準値未満基準値未満基準値未満
六価クロム0.05基準値未満基準値未満
総水銀0.0005基準値未満
全シアン検出されないこと基準値未満
トリクロロエチレン0.03基準値未満基準値未満基準値未満
テトラクロロエチレン0.01基準値未満
ジクロロメタン0.02基準値未満
1,2-ジクロロエタン0.004基準値未満
1,1-ジクロロエチレン0.1基準値未満基準値未満基準値未満
1,2-ジクロロエチレン0.04基準値未満基準値未満
シス-1,2-ジクロロエチレン0.04基準値未満基準値未満
トランス-1,2-ジクロロエチレン0.04基準値未満
1,1,1-トリクロロエタン1基準値未満基準値未満基準値未満
1,1,2-トリクロロエタン0.006基準値未満
四塩化炭素0.002基準値未満
セレン0.01基準値未満
カドミウム0.01基準値未満基準値未満
アルキル水銀検出されないこと基準値未満
有機燐検出されないこと基準値未満
ほう素1基準値未満基準値未満
ふっ素0.8基準値未満基準値未満
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素10基準値未満
砒素及びその化合物0.01基準値未満基準値未満~0.029基準値未満
  • 注1:測定箇所
    本社・東京工場および熊谷サービスソリューションセンターは4箇所、新潟工場は7箇所。
  • 注2:測定周期
    本社・東京工場および熊谷サービスソリューションセンターは1回/年、新潟工場は2回/年。
  • 注3:測定値
    基準値未満の場合は「基準値未満」、基準値超過の場合はその最大値を記載。
  • 注4:基準値超過
    新潟工場で基準値を超過した砒素は、過去から使用実績がなく、自然由来と判断。

② 排水測定結果

単位:1L中

測定項目法基準値新潟工場
測定値
水素イオン濃度(pH)5.8~8.66.2~7.7
浮遊物質量(SS)90基準値未満
亜鉛含有量(mg)2基準値未満
鉛及びその化合物(mg)0.1基準値未満
砒素及びその化合物(mg)0.1基準値未満
  • 注1:測定箇所
    物質の種類によって、測定箇所・測定場所をそれぞれ設定(測定箇所:2~8箇所)。
  • 注2:測定周期
    砒素のみ1回/年。他は2回/年。
  • 注3:測定値
    pHは最低値と最大値の測定値を記載。その他項目については、基準値未満の場合は「基準値未満」、基準値超過の場合はその最大値を記載。

環境報告書

環境報告書では、第9期環境行動計画(2019年度~2020年度)の取り組みにおける、2019年度の実績と主な活動を中心に紹介しています。

関連リンク

  • 株主・投資家の皆様へ
  • こんなところにフロンテック
  • 会社案内パンフレット
ページの先頭へ