トップメッセージ

 世界は今、デジタル革新の急激な進展により、社会や産業構造が大きく変化する一方で、気候変動に伴う生物多様性等の問題や廃棄物による環境汚染、貧困や人権侵害など、さまざまな社会課題が顕在化してきています。そのような中、国連での「持続可能な開発目標(SDGs)」の採択やCOP21でのパリ協定の発効など、地球規模での持続可能な社会への取り組みが一層求められるようになっています。

 富士通フロンテックグループでは、「最先端のICT技術で人と企業をつなぎ、豊かな社会の実現に貢献する」を経営理念とし、事業運営の基本理念と行動指針である「富士通フロンテック・ウェイ」のもと、常にお客様・従業員・パートナー・株主をはじめとするステークホルダーの視点にたった経営を行っています。近年ではSDGsに関する社内啓発、教育をはじめ、SDGs達成に貢献するソリューション・サービスの開発に向けた取り組みを推進しています。

 富士通フロンテックグループは、強みであるデジタル技術を活用した「プロダクト」「ソリューション」「サービス」を三位一体で提供し、人と企業、人と社会の新たなつながりを提案することで、お客様や社会に新たな価値を提供します。さらに、自らも企業として継続的に発展することで、より暮らしやすく安心・安全で、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

代表取締役社長
川上 博矛