沿革

事業の変遷

1940年 新潟県西蒲原郡燕町(現 新潟県燕市)において株式会社金岩工作所として設立(その前身は、主として洋食器の製造を営む、長谷川毅一の個人経営企業)
1944年 富士通信機製造(株)(現 富士通(株))が全株式を引き受け、商号を蒲原機械工業株式会社に改称
1946年 電話機部品及び交換機部品の納入を開始
1956年 表示装置の設計・製造・試験の一貫生産を開始
1962年 新潟県西蒲原郡吉田町(現 新潟県燕市吉田東栄町)に吉田工場(現 新潟工場)を開設
1963年 東京都南多摩郡稲城町(現 東京都稲城市)に矢野口工場(現 本社・東京工場)を開設
1970年 商号を蒲原機械電子株式会社に改称
1971年 プレス金型の自主営業を開始
1972年 商号を富士通機電株式会社に改称
1974年 金融端末機器の開発・製造・販売を開始
1980年 流通端末機器の開発・製造・販売を開始
1982年 OA端末機器の開発・製造・販売を開始
1984年 金融端末向け紙幣リサイクルユニットの開発・製造を開始
1988年 東京証券取引所市場第二部へ上場
1996年 フィリピンに子会社FUJITSU DIE-TECH CORPORATION OF THE PHILIPPINESを設立
子会社(株)富士通機電ライフクリエイト(現 (株)ライフクリエイト)を設立
1998年 韓国に子会社「FKM Co., Ltd.」を設立 
2001年 富士通(株)熊谷工場より電子機器製品の製造を移管
富士通(株)よりATM・POSなどの専用端末の開発製造を統合
2002年 商号を富士通フロンテック株式会社に改称
単元株式数を1,000株より100株へ変更
2003年 中国に子会社富士通先端科技(上海)有限公司を設立
2004年 手のひら静脈認証装置と関連ソフトウェアの開発、製造、販売を開始
2005年 富士通(株)より(株)富士通ターミナルシステムズ(現 (株)富士通フロンテックシステムズ)の全株式を譲り受け子会社化
富士通(株)よりATMなどの専用端末のソフト・サービス業務ならびに流通業界向けヘルプデスク業務を統合
UHF帯RFIDタグの開発、製造、販売を開始
2009年 北米の開発・調達・製造拠点として、Fujitsu Frontech North America Inc. (FFNA) を立上げ (Fujitsu Transaction Solutions Inc. の株式を取得し子会社化)
(株)富士通エフサスよりトータリゼータエンジニアリング(株) (TEL)の全株式を譲り受け子会社化
富士通(株)より地方公営競技場向け端末機器などの販売活動を移管
TEL子会社化により、従来の製品開発・製造に加え、販売・保守まで一貫した体制を構築
富士通(株)の米国子会社であるFujitsu Computer Products of America, Inc. の手のひら静脈認証等の先進技術部門をFujitsu Frontech North America Inc. に移管
2011年 トータリゼータエンジニアリング(株)(TEL)が東海エンジニア(株)を子会社化(株式追加取得)
2011年 韓国市場・グローバル市場でのATM販売拡大ため、Chungho ComNet Co., Ltd.がFKM Co.,Ltdを併合
2016年 POS端末の開発製造を富士通(株)に移管
2017年 Fujitsu Frontech North America Inc.とPositek RFID L.P.が共同で北米にPositek RFID, Inc.を設立
2018年 Chungho ComNet Co., Ltd.と共同で韓国にFUJITSU FRONTECH CHUNGHO GLOBAL PRODUCTS Co. Ltd.を設立
UHF帯RFIDソフトリネンタグが累計出荷枚数1億枚を達成
手のひら静脈認証センサー「PalmSecure」が累計販売台数100万台を達成
2019年 インド支店を設立
2020年 Fujitsu Frontech North America Inc.がFulcrum Biometrics, LLC(現Fulcrum Biometrics, Inc.)を買収
東京証券取引所第二部市場上場廃止