GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

災害時要援護者支援システム

職員の業務負荷軽減と、より効果的な避難支援プラン策定を実現

災害時要支援者の避難支援計画でお困りではありませんか?

概要

平成18年3月、内閣府・総務省・厚生労働省より災害時要援護者の避難支援ガイドラインが提示されました。当ガイドラインでは、各市町村の要援護者支援に係る全体的な考え方と、要援護者一人ひとりに対する個別計画(名簿・台帳)を策定するよう記載があります。非常にボリュームの大きな業務となっております。
災害が発生し避難が必要な時、障害者や要介護者及びひとり暮らし高齢者等援護が必要とされる方々を把握し、避難支援者まで迅速かつ確実に情報伝達を行う体制が、近年さらに重要度を増しております。
当システムは、平常時における情報収集や見守り活動によって作成される要援護者台帳、個別プランから非常時における安否確認まで、業務をトータルに支援致します。

平常時の課題

要援護者情報の把握、共有及び活用が出来ていますか?

  • 個人情報やプライバシー保護の観点から情報の共有化が進まないなど災害時の活用が困難である。
  • 要援護者情報の収集方法を確立し、災害時に要援護者情報を活用できるよう、関係機関との間で共有できる体制を整備する。

情報伝達体制の整備は出来ていますか?

  • 要援護者の支援を実施する機関を明確にし、地域における要援護者を支援する団体等とのネットワークを構築し、要援護者まで確実に情報が伝達できる体制を整備する。

要援護者の避難支援を具体化していますか?

  • 支援対象者範囲を明確にし、避難支援者や避難場所など必要な情報を整理し対象者ごとに避難支援計画を作成する。

関係機関の連携強化が出来ていますか?

  • 避難支援訓練や啓発活動を効果的に実施し、制度の周知に努め、関係機関等との協力支援体制を充実する。

要援護者情報管理は、個人情報保護対策と基幹との連携構築が重要!!

災害時の課題

「災害時要援護者」の名簿(台帳)を作成していても、実際に災害時活用することは難しい。
災害直後は、電話が繋がりにくい等混乱しており、いかに素早く安否を確認できるか。

災害時、要援護者の素早い安否確認

↓

「災害時要援護者支援システム」を導入!

概要  |   特長  |   機能

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。