DXを推進するための
効果的なITインフラの作り方

今注目を集めているDX(デジタル・トランフォーメーション)。
明確にイメージしにくいDX推進の課題とはいったいなんでしょうか?

資料の中身を一部ご紹介します

DX推進における課題

約8割の企業がITシステムの⽼朽システムを抱えている

01

老朽化・ブラックボックス化したITインフラ

約8割の企業が老朽システムを抱え、そのうちの約7割がシステムの老朽化がDX推進の足かせになっていると感じると回答しています。また多くの企業で年々増加するデータ量に対応するためにシステムがつぎはぎだらけのように複雑化してしまっています。
このような状態ではたとえ新しいデジタル技術を導入したとしても、データの利活用が限定的となり、その効果も限られてしまうでしょう 。
このように⽼朽化・ブラックボックス化したシステムでは管理にコストがかかり、たとえ新しいデジタル技術を導⼊したとしても、データの利活⽤が限定的となり、その効果も限られてしまうのです。

主要国におけるおけるICT人材の配置

02

既存システムの維持・管理
資金や人材が割かれる

IT人材は不足しており、その問題は今後ますます深刻化するとされています。
さらに他の先進国と比較して、ユーザー企業よりもIT企業に所属するIT人材の割合が高いという特徴が見られます。
「最新のデジタル技術には関心があるのだが、システムの管理・維持で忙しくて時間がない」といった状態ではIT人材の不足が進みITインフラがますますブラックボックス化する可能性があります。

これらの課題を解決しDXを効率よく推進していくためのポイント続きはこちらから

インフラづくりからはじめる効率のよいDX推進

お問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ