GHE-Sモデルを用いた地震応答解析と累積損傷度理論による液状化判定システム

FUJITSU 建設業ソリューション
LIQUEUR-JR(リキュール ジェイアール)

<FCENAシリーズ>

「鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計(平成24年9月)」に準拠し、鉄道総合技術研究所様により開発された液状化判定システムです。GHE-Sモデルを用いた地震応答解析とL1地震動の検討およびL2地震動に対応した累積損傷度理論による液状化判定を行います。このシステムで地震応答解析から液状化判定までをトータルにサポートします。

特長

地震応答解析システム

相似比λを歪みと共に変化させてS字型曲線を表現したGHE-Sモデルを用いた地震応答解析を行います。

地盤の1次元動的解析(GHE-Sモデル)

GHE-Sモデルは、土の変形特性を忠実に表現することができる非線形全応力モデルです。せん断強度の概念をもった非線形モデルで、ひずみが大きい場合に示すスリップ状のτ−γ曲線を表現できます。

液状化判定システム

L1地震動の慣用的な液状化判定方法と、L2地震動に対応した累積損傷度理論に基づく液状化判定を行います。

地震応答解析システムと液状化判定システムの連携

地震応答解析で得られた各層の加速度波形を液状化判定に連携できます。

FCENAシリーズのメリットを最大限に利用

FCENAシリーズの「美しい報告書の出力」、「報告書のブラウザによる参照やWordでの編集を可能にするXML出力」、「ツリービューによる入力項目の一覧表示」など、使いやすい機能を全面的に採用しています。

機能

入力地震動「鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計」で規定している地震波形のほか、ユーザが独自に作成した地震動を使用可能
  • 地震動のデータ数制限値:32768
  • 「鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計」で定められた地盤種別ごとの地表面設計地震動(G0~G5地盤)を内蔵
地震応答解析鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計(平成24年9月)に準拠標準パラメータの自動設定
レイリー減衰の算出固定値解析によりレイリー減衰を容易に設定
LIQUEURの地震応答解析とのデータ連携
  • 等価線形化法による水平地盤の応答解析とのデータ連携
  • YUSAYUSA-2による水平地盤の有効応力解析とのデータ連携
液状化判定鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計(平成24年9月)に準拠液状化抵抗率FLによる液状化判定、液状化指数PLの算出、液状化による土質諸定数の低減係数DEの算出
動的せん断強度比〜繰り返し回数の関係室内土質試験結果を使用可能、N値より推定可能
固有周期の自動算定入力された地盤の条件より自動的に固有周期を算定し、対応する地盤種別を表示

画面例

地震応答解析

地震応答解析画面例
地震応答解析画面例
地震応答解析応答図
地震応答解析応答図
GHE-Sモデル
GHE-Sモデル

液状化判定

液状化判定画面例
液状化判定画面例
液状化判定図
液状化判定図
せん断応力のピーク値と動的せん断強度比
せん断応力のピーク値と動的せん断強度比

動作環境

ハードウェアWindows 8.1、Windows 10が稼動するパソコン
出力装置Windowsドライバが提供されているプリンタ/プロッタ
適応OSWindows 8.1、Windows 10
メモリ4GB以上
  • (注)
    日本語版OSのみ対応

価格

システム名標準販売価格(税別)
LIQUEUR-JR
サポート費(初年度)
サポート費(次年度以降)
500,000円
75,000円/年
50,000円/年

関連情報

ユーザー専用ページ

環境配慮ソリューション

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。

LIQUEUR-JRは、富士通の「環境配慮ソリューション」登録製品です。

Webでのお問い合わせはこちら

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ