※「Google Chrome(注1)」「Microsoft Edge(注2)」に対応した
GLOVIA smart FoodCORE V1L50をリリース(2021年8月)

より良い社会に向けたグローバル共通の開発目標SDGs。社会とビジネスの目標を支援する富士通では、「持続可能な生産」が求められる食品製造業様に向けて、GLOVIA smart FoodCOREを提供します。食品の生産計画を基にした適正な原材料の発注により、フードロスや製造エネルギー利用を削減します。また、現場の在庫および生産管理、問題発生時に迅速に対応できるトレーサビリティの徹底、製造原価や営業利益の見える化による経営判断のスピードアップで業務効率化を支援するソリューションです。

  • 注1
    Google Chromeは、Google LLC.の商標または登録商標です。
  • 注2
    Microsoft Edgeは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

食品製造業が抱える課題とは?

作る

原材料発注者が属人化
責任感で過剰発注

原材料・資材の調達作業は特定の担当者に依存する場合が多い。材料不足で製造がストップする事態を防ぐため、過剰な発注が起きてしまう。

売る

日々の市場変化が早く
利益の管理がしにくい

損益状況の改善策を見出すことは非常に困難。どこに根本の課題があるのかが捉えられず、経営指標との乖離が悩ましい。

運ぶ

賞味期限の管理が複雑で
出荷作業の負荷が高い

出荷時にロット逆転が起こると、古い在庫が残り在庫ロスに繋がる。在庫状況が把握できず欠品が発生する可能性もある。

お客様の課題解決へのアプローチ

食品製造業様のさまざまな課題解決に向けて、富士通では経営層・現場の方々・部門別を配慮し、業務全般の効率化を提案します。

ヒント1

適正な発注計画を自動で作成

スキルに関わらず誰でも適正な発注処理を行えることが大切です。「生産計画数」と「配合情報」から原材料の所要量を算出、適正な発注計画をシステムで自動立案。過剰な発注の抑止により、フードロス・資源と製造エネルギー利用の削減を実現します。

ヒント2

製品単位・部門単位に原価管理

どの製品が利益率が高いか、どの部門の改善が必要かなど、経営者を悩ます声が聞かれます。製造部門ごとに製品・仕掛品の標準原価と実際原価の算出を行え、部門別に損益を把握することでスピーディーかつ的確な経営判断を実現します。

ヒント3

徹底したロット別の在庫管理

製品・商品・原材料すべての在庫の賞味期限・保管場所などがリアルタイムに確認できることが大切です。前回出荷分の賞味期限よりも古い品を出荷しない「賞味期限の逆転防止」、問題発生時に迅速に対応するトレーサビリティの徹底を実現します。

 

食品製造業が抱える課題とは?

作る

原材料発注者が属人化
責任感で過剰発注

原材料・資材の調達作業は特定の担当者に依存する場合が多い。材料不足で製造がストップする事態を防ぐため、過剰な発注が起きてしまう。

原材料・資材の調達作業は特定の担当者に依存する場合が多い。材料不足で製造がストップする事態を防ぐため、過剰な発注が起きてしまう。

お客様の課題解決へのアプローチ

食品製造業様のさまざまな課題解決に向けて、富士通では経営層・現場の方々・部門別を配慮し、業務全般の効率化を提案します。

ヒント1

適正な発注計画を自動で作成

スキルに関わらず誰でも適正な発注処理を行えることが大切です。「生産計画数」と「配合情報」から原材料の所要量を算出、適正な発注計画をシステムで自動立案。過剰な発注の抑止により、フードロス・資源と製造エネルギー利用の削減を実現します。

売る

日々の市場変化が早く
利益の管理がしにくい

損益状況の改善策を見出すことは非常に困難。どこに根本の課題があるのかが捉えられず、経営指標との乖離が悩ましい。

損益状況の改善策を見出すことは非常に困難。どこに根本の課題があるのかが捉えられず、経営指標との乖離が悩ましい。

お客様の課題解決へのアプローチ

食品製造業様のさまざまな課題解決に向けて、富士通では経営層・現場の方々・部門別を配慮し、業務全般の効率化を提案します。

ヒント2

製品単位・部門単位に原価管理

どの製品が利益率が高いか、どの部門の改善が必要かなど、経営者を悩ます声が聞かれます。製造部門ごとに製品・仕掛品の標準原価と実際原価の算出を行え、部門別に損益を把握することでスピーディーかつ的確な経営判断を実現します。

運ぶ

賞味期限の管理が複雑で
出荷作業の負荷が高い

出荷時にロット逆転が起こると、古い在庫が残り在庫ロスに繋がる。在庫状況が把握できず欠品が発生する可能性もある。

出荷時にロット逆転が起こると、古い在庫が残り在庫ロスに繋がる。在庫状況が把握できず欠品が発生する可能性もある。

お客様の課題解決へのアプローチ

食品製造業様のさまざまな課題解決に向けて、富士通では経営層・現場の方々・部門別を配慮し、業務全般の効率化を提案します。

ヒント3

徹底したロット別の在庫管理

製品・商品・原材料すべての在庫の賞味期限・保管場所などがリアルタイムに確認できることが大切です。前回出荷分の賞味期限よりも古い品を出荷しない「賞味期限の逆転防止」、問題発生時に迅速に対応するトレーサビリティの徹底を実現します。

 

 一元管理で業務効率化!GLOVIA smart FoodCOREとは?

  • リアルタイムに現場を支援
  • スピード経営を支援

GLOVIA smart FoodCOREは、食品製造業様の経営層・現場の方々が悩まれている課題を解決するべく、きめ細やかな機能を準備しています。
生産管理・販売管理が一体となった統合基幹業務システム(ERP)だからこそ、「リアルタイム」「スピード感」を重視した業務を実現します。
矛盾のない健全な企業活動を支援し、業務全般をしっかりサポート。営業、生産、物流、経理部門まで全社一貫してご利用いただけます。

こんなことにお困りではありませんか? 食品製造業の現場と経営が変わります

加工食品業、日配業、水産加工業の経営層と現場の方々が悩まれている課題に応える機能をご紹介!
これからの食品製造業の強い味方「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE」にご注目ください。

 課題解決モデルのご紹介

さらにデータ活用をしたいお客様へ。各工程に特化した周辺システムとの連携で課題解決の枠を広げ、より付加価値のある業務運用を提案いたします。

フードロス解決モデル

統合計画管理システムとの連携

適正な生産計画を元にした原材料発注および製造により、原材料の過剰調達防止と製品の過剰供給を防止。フードロスの削減に貢献します。

食の安全安心サポートモデル

食品トレーサビリティシステムとの連携

製造時の原材料誤投入防止により、食の安全安心をサポート。また不良製品の生産を抑止することで、フードロスの削減にも貢献します。

 製品導入方法「Touch&Try」について

GLOVIA smart FoodCOREでは、お客様主体で製品のトライアルを実施し、業務を組み立てていく導入手法「Touch&Try」を準備しています。お客様の将来像に向けた業務オペレーションのあり方の検討を促し、パッケージのコンセプトに沿って進めることで、業務運用の標準化を図れる内容となっています。実際の運用をイメージしながらマスタ登録や伝票入力をしていただくことで、FoodCORE機能の理解を深めながらシステム導入・早期稼働が図れます。
少しでもご興味を持たれた際は、下段よりお問い合わせください。