人材開発・キャリアデザイン

目標

2030年度までに達成する長期目標

全ての従業員が心身ともに健康でいきいきと働くことができる環境をつくりだす。
また従業員が自己の成長を実現させて、その力を最大限に発揮できる機会を提供する。

方針

富士通の人材育成コンセプト

富士通の人材開発においては、下記の4つのテーマに重点を置き、人材開発部門が各ビジネスグループや人事部門と連携を図りながら、人材育成と組織力の強化の両輪から取り組んでいます。

  • ビジネスリーダー育成:長期的視点に基づくコア人材、グローバル人材の育成
  • ポジション/役割別育成:新入社員から役員まで、それぞれの立場や役割に求められる知識やスキルの習得
  • プロフェッショナル育成:各専門分野でのプロフェッショナルの育成、先端技術・最新スキルの取り込み
  • 多様な“個”の成長支援:ダイバーシティ&インクルージョンの推進、キャリア支援、人権教育など、多様な個の活躍支援

推進体制・定期レビュー

富士通では、経営層を中心とした「全社人材戦略委員会」を設置し、年に2回「富士通のビジョン/事業戦略の実現に向けた人材戦略」を討議することとしています。人材開発企画室は、「全社人材戦略委員会」の方針の下、重点施策や実施体制などを検討するとともに、全社共通教育の企画を行っています。各部門の人材開発部は、部門教育や職種・専門教育の主査となり、それぞれの職種に対する部門横断的な人材育成を国内グループ会社も含めて推進しています。

教育の実行については、それを専門とするグループ会社である株式会社富士通ラーニングメディアが主に担っています。

人材開発体制

人材育成体系

富士通および国内グループ会社の全社員を対象とする「共通教育」と、各部門や職種の専門性を高める「専門教育」を実施しています。また、自ら学ぶ社員をサポートするため、各種の自己啓発支援を行っています。

共通教育の重要な位置付けである階層別教育では、各階層に必要な項目をインプットするとともに、リーダーシップ、財務会計、ファシリテーションなど、すべての階層で強化すべき項目を一貫性を持って取り入れています。

人材開発の実行部門では、各研修のアンケートや最新の教育手法など様々な情報を活用し、常に個々の研修の向上を図っています。

2019 人材開発体系

ビジネスリーダー育成

GKI-A 社長セッションGKI-A 社長セッション

富士通は長期的な育成を目指し、富士通の若手からミドルクラスを対象に、「ハイポテンシャルな人材を選抜」し、「実践を通じたアクションラーニング」を通じて成長の場を与えることを柱としています。また、イノベーション領域でのビジネス拡大に向け、多様な人材とコラボレートしてビジネスを創造できる組織・人材の開発を強化しています。またグローバルビジネスリーダー育成の中核をなすGKI(Global Knowledge Institute)シリーズを2000年にスタートし、2018年度までに累計1,200名を超える卒業生を国内外に輩出しています。カリキュラムの内容は、ビジネスや経営環境の変化に応じて随時見直しています。

経営戦略に応じた人材開発の取り組み

富士通および国内グループ会社全体における取り組みに加え、各部門にてより現場に近い専門性を重視した人材開発に取り組んでいます。

各部門での人材開発については以下をご覧ください。

プロフェッショナル認定制度

富士通および国内グループ会社では、各専門分野のプロフェッショナル育成を目指し、プロフェッショナル認定制度を設けています。毎年、論文および面接による審査を実施し新規認定を行うとともに、既認定者についても、定期的な更新審査によりスキルを継続して保有していることを確認しています。

また、認定者はカテゴリー別にコミュニティ活動を行い、さらなるスキルの向上や情報発信、後進育成などを図っています。

プロフェッショナル認定カテゴリー(2018年度、国内グループ会社38社含む)

  • 営業:
    ストラテジ/アカウントマネジメント/ソリューション
  • システムエンジニア:
    コンサルティング/プロジェクトマネジメント/業務アーキテクチャー/ITアーキテクチャー/サービスマネジメント/品質マネジメント/プロダクトアーキテクチャー/IPマネジメント
  • エンジニア:
    プロダクト企画/アーキテクチャー開発/ソフト開発/ハード・ファーム開発/品質保証技術/製造・生産技術

多様な”個”の成長支援

富士通では、キャリアを大切にする働きがいのある職場風土を醸成するとともに、社員一人ひとりの自律的なキャリア形成を様々な側面から支援し、組織・人材の活性化を促進していきます。そのためにキャリアデザイン支援の専門組織を設置し、活動しています。

具体的には、キャリア研修、キャリア相談、社内ポスティング制度/社内募集制度・フリーエージェント制度、シニア層人材の活動支援などを実施しており、本活動は、2016年4月施行の職業能力開発促進法の改正の趣旨に沿っています。詳細は以下をご覧ください。

2018年度の実績

  • プロフェッショナル認定カテゴリー(2018年度 国内グループ会社38社含む)
    • 営業:認定者数578名
    • システムエンジニア:認定者数2,720名
    • エンジニア:認定者数571名
  • キャリアデザイン
    • キャリア研修:1,645名
    • 社内ポスティング制度:86名
  • 一人当たりの年間平均学習実績、年間教育金額(富士通および国内グループ会社、2017年度 毎年10月集計)
 幹部社員一般社員全体平均
年間平均学習時間34.8時間49.4時間45.3時間
年間教育金額61.1千円91.3千円82.3千円
ページの先頭へ