人材育成・キャリアデザイン

目標

ありたい姿

すべての社員が心身ともに健康でいきいきと働くことができる環境をつくりだす。
また社員が自己の成長を実現させて、その力を最大限に発揮できる機会を提供する。

2022年度目標

成長の実現と力を発揮できる機会の提供
KPI:社員意識調査「成長の機会」に対する肯定回答率70%

方針

富士通は、2020年度より人材育成方針を大幅に見直し、会社から一律の研修を提供する形から、社員一人ひとりの自律的な学び・成長を支援する、という方向へと舵を切りました。「富士通で働くと、どこよりも成長できる」、社員一人ひとりがそう思える会社となることを目指し、多様な人材がそれぞれの思いをもって学び、成長し、目指すキャリアをつかむことを支援していきます。会社として学びやキャリア選択の機会を拡充し、それらを活用する仕組みや仕掛けを整えるとともに、マネジメントも含めて組織的に社員一人ひとりの特性に応じた成長の支援に取り組んでいます。

推進体制・定期レビュー

富士通では、経営層を中心とした「全社人材戦略委員会」を設置し、年に2回「富士通のビジョン/事業戦略の実現に向けた人材戦略」を討議することとしています。また、社員の声を反映する仕組みとして、年に1回グローバルで実施する社員意識調査に加えてより高い頻度でシンプルに声を聞くパルスサーベイやアンケートなどを定期的に実施しています。人材開発部は、「全社人材戦略委員会」の方針および「社員の声」、双方を踏まえて重点施策を検討・実行するとともに、ビジネスリーダー育成を行っています。各部門の人材開発部は、部門ごとの戦略、ビジネスニーズを踏まえて強化すべきスキルや専門教育の主査となり、それぞれの職種に対する部門横断的な人材育成を推進しています。

教育の実行については、それを専門とするグループ会社である株式会社富士通ラーニングメディアが主に担っています。

人材育成体系

富士通および国内グループ会社は多様な社員一人ひとりが、自身のキャリア志向や強みに応じて学び、成長することを支援するため、いつでもどこでも学びたいことを選択して学ぶことを目指し、育成体系を刷新しています。従来は各階層を対象とした一律の必修研修を提供していましたが、基本的に必修研修は廃止とし、自身の特性や目指すジョブに応じて選択するかたちとしています。ただし、自律的な学び・成長の基礎となるキャリアオーナーシッププログラムや富士通パーソンとして重要となる知識や考え方については必修として受講を推進します。

人材育成体系

多様な”個”の成長支援

富士通および国内グループ社員を対象とし、多様な社員一人ひとりが、いつでもどこでも学び、成長していくことを支援するためのプラットフォームを2020年4月より提供しています。コンテンツは多種多様な社内外の情報・講座を随時更新し、例えば「Edge Talk」という動画では富士通および国内グループ会社の特定領域を極めた人材が実践知をストーリーとして語っており、組織の壁を超えた社内の学び合いを促進しています。また、個人の属性や目指すキャリアに応じたお勧めコンテンツやジョブのリコメンデーション、上司や本人に対する学びに関するデータ表示機能を搭載しており、社員一人ひとりが目指すキャリアやジョブに向けて何を学ぶかを計画したり、上司が部下の関心領域に応じて支援したりし易い環境を整えています。

ビジネスリーダー育成

GKI 社長セッションGKI 社長セッション

富士通では、社員の中長期的な成長の観点から、若手からミドルクラスを対象に、ポテンシャルの高い人材が自らリーダーシップを発揮し、さらなる成長を目指せる仕組みがあります。特に、イノベーションを創出できるリーダーを育成するため、未来シナリオを描き、多様な人材を巻き込み、新たなビジネスモデルやエコシステムを構想する力を高める実践的なプログラムを実施しています。また、次世代ビジネスリーダー育成のフラッグシップであるGKI(Global Knowledge Institute)については、2000年の創設以来、現CEOの時田を含む、国内外で400名を超える卒業生がおり、グローバルに活躍する経営リーダーを輩出し続けています。

デジタル人材育成

デジタルトランスフォーメーション(DX)企業への変革を実現するため、富士通および国内グループ会社の全社員を対象として、DXや最新のテクノロジーに関連する知識・スキルの習得支援を強化しています。全社員へのガイドラインとしてDX人材育成体系を策定し、各ロールに応じたDXリテラシー、テクノロジー、業種業務知識を提示し、多数の講座を提供することにより、社員が自らの業務に最も必要なDXスキルを習得することを支援しています。また、ビジネスへのインパクトをスピーディーにもたらすことを重視し、その日から業務に反映・活用可能なスキル習得のために、人材開発部門だけではなく、現場と連携して開発スキルの特定、講座開発に取り組んでいます。特にデザイン思考については、DXリテラシーの1つとして位置付け、スキルや行動の定着を図り、お客様のビジネス支援や富士通社内の改革に活用しています。

専門人材育成

富士通および国内グループ会社全体における取り組みに加え、各部門にてより専門性を重視した人材開発に取り組んでいます。

各部門での人材開発については以下をご覧ください。

キャリアデザイン支援

富士通では、キャリアを大切にする働きがいのある職場風土を醸成するとともに、社員一人ひとりの自律的なキャリア形成を支援しています。社員の思いに寄り添うキャリアオーナーシッププログラムやキャリア相談に加え、社内ポスティング制度、シニア層人材のキャリア支援など、キャリア選択の機会を拡充しています。2020年度よりポスティング制度を大幅に拡大し、富士通グループ全体に募集ポジションを公開し、富士通グループ社員全員がそのポジションに応募・チャレンジすることができる仕組みとしています。これにより、社員は自身が実現したいキャリアプランを自律的に考え、本人の選択により異動や昇格を目指すことが可能となっています。上司は1on1による対話を通して、部下のキャリア志向や特性に応じて具体的なアドバイスや支援を行っています。これらを通し、会社全体として人材の流動化や多様性の向上、適所適材の実現を目指しています。

2019年度実績

  • 一人当たりの年間平均学習実績、年間教育金額(富士通および国内グループ会社、2018年度 毎年10月集計)
 幹部社員一般社員全体平均
年間平均学習時間34.8時間49.4時間45.3時間
年間教育金額61.1千円91.3千円82.3千円
ページの先頭へ