社長メッセージ

今、私たちは、第4次産業革命の真っただ中におり、革新的な技術やサービスが次々と登場しています。わずか10 数年前には「夢」でしかなかったことが、どんどん現実になっています。この流れが、今後も加速していくのは間違いありません。

一方で、相次ぐ自然災害や不安定さを増す国際情勢等を要因として、社会を取り巻く漠然とした不安が広がっています。また、テクノロジーが切り拓く未来についても、期待が現実になるにつれて、AI は本当に人を幸せにするのか、サイバーセキュリティやプライバシーの問題をどう克服するのかといった、新たな不安も生まれてきています。

このような状況の中で、お客様が自信をもってデジタル・トランスフォーメーションを推進し、世界中の人々が安心してテクノロジーの恩恵を受けるために必要なものは、「トラスト」だと考えています。私たち富士通は、データやテクノロジーに対する信頼を向上させると共に、ビジネスや社会の信頼を支えるためのテクノロジーを追求し、豊かな未来に貢献したいと考えています。

そのために、複雑化するトランザクションの信頼性を確保し、サイバーリスクへの対応力を高め、AI の思考過程を透明化するなど、様々な側面から信頼を支える技術を強化します。また、テクノロジーの活用においては、「人のために(Human Centric)」という目的を再確認し、私たちの行動に反映していきます。

私たち富士通は、強いデジタル技術をベースとして価値を生み出し、お客様のビジネスをしっかりと支えていきます。そして、人々がテクノロジーを信頼でき、安心して豊かに暮らせる社会の実現を目指します。これが、富士通のビジョンである「ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ」です。私たちは、ビジョンを実現する取り組みを通じて国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献し、トラステッドな未来をお客様と共創していきます。

2019年7月
富士通株式会社
代表取締役社長
時田 隆仁

President's Messge 2019

2:38

ページの先頭へ