FUJITSU Manufacturing Industry SolutionCOLMINA 技術情報管理 技術ファイル管理(旧名称:PLEMIA EngineeringDocfileManager)

VPS、2D図面・3Dモデルをはじめ、各種ドキュメントも統合管理

製造業の製品開発において生み出される、CADデータを中心とする各種エンジニアリングデータの管理を行うシステムです。CADデータのように構成を持ち、版数違いを考慮しないといけないデータをわかりやすい操作性でセキュアに取り扱うことが可能です。

  • エクスプローラライクな操作性でファイルの管理が可能
  • CADデータの構成を維持したままコピー・移動・名称変更が可能
  • データのチェックイン/チェックアウト、版数管理など利用者の権限を考慮しながら安全なデータの取り扱いが可能

特長・主な機能

VPSマニュファクチャリングデータ管理

デジタルモックアップツール「COLMINA デジタル生産準備 VPS」のマニュファクチャリングデータを安全に活用することが可能です。VPSデータに排他制御をかけるため、複数の人がデータを扱うときに誤って他人の編集データを上書きする危険がなくなります。利用者に応じたアクセス権をつけて必要な人にだけデータを見せたり、編集を許可することが可能となります。
また、VPSで一つ一つのデータを開かずにデータの構成や組立フローを確認したり、複数ファイルを横断してVPSの属性データを検索することが可能であり、VPSデータをより活用できるようになります。

2D/3DマルチCAD対応

2D図面や3DモデルなどマルチCADのデータを同じ操作性で管理することが可能です。CADファイル間の親子関係を保持するだけでなくPDFやOfficeファイルを新たに関連付けることが可能です。ファイルはフォルダ管理されていますがファイルは構成情報を生かして扱われておりファイルの移動や名称変更を行っても構成が切れることはなく、データの取り出し取り込み時にも関係するファイルをまとめて扱うことが可能です。またフォルダ内のファイルを指定しての正展開/逆展開表示で製品構成を簡単に確認することが可能です。

アクセスコントロール・セキュリティ管理

ファイルやフォルダなどに対してどのような操作が可能かをユーザ、グループごとにロール(役割)として定義できるため、データのセキュリティを確保して扱うことが可能です。操作としては編集、読み取り、表示などの可否を決められ、情報共有レベルをコントロールできます。またチェックイン・チェックアウトにより同一データの多重更新によるデータ破壊を防ぎます。チェックアウトは編集モード、参照モードがあり、編集モードでチェックアウトしたデータでも確認や流用は可能です。編集モードでチェックアウトしたデータは直接CADが起動され編集可能となります。

ワークフローと履歴管理

データは登録時には仕掛状態ですが承認ワークフローを使って正式にします。正式データは改版を行うと仕掛となって編集が可能となります。仕掛/正式を繰り返していくことで版数が上がりますが過去版数のデータも保持されており、必要に応じて確認することが可能です。また承認ワークフローはテンプレートを使ってルート設定が可能で、複数の承認者や代理承認者の設定も可能です。

設計資産ノウハウの活用を促進する類似形状検索オプション

属性などの文字情報を検索キーとした検索だけではなく、図面の形状をキーとして似ている形状を含む図面を検索できる類似形状検索(オプション)を利用することが可能です。文字情報だけでは探しにくかった、"似ている図面"を探し出して過去資産やノウハウを活用すしやすくなります。

製品情報

    •  サーバクライアント
      CPUIntel XeonR プロセッサー E5-2403v2(1.80GHz) 以上(推奨)Intel Core i3-2100(3.10GHz) プロセッサー以上(推奨)
      メモリ8GB以上(推奨)4GB以上(推奨)
      OSMicrosoft Windows Server 2019
      Microsoft Windows Server 2016
      Microsoft Windows Server 2012 R2
      Microsoft Windows Server 2012
      Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 8.1、(注4)
      必須ソフトOracle Database 19c
      Oracle Database 12c Release 2
      Oracle Database 12c Release 1
      Oracle Database 19c Client
      Oracle Database 12c Release 2 Client
      Oracle Database 12c Release 1 Client(注2)(注3)
      Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降
      • (注1)
        Microsoft Windows Server 2012 R2にて動作させる場合はOracle12.1.0.2以降となります。
        上記以外のバージョンでは動作保証されません。詳しくはオラクル社にお問い合せください。
      • (注2)
        Microsoft Windows10にて動作させる場合はOracle12.1.0.2以降となります。
        Microsoft Windows8.1にて動作させる場合はOracle12.1.0.2以降となります。
        上記以外のバージョンでは動作保証されません。詳しくはオラクル社にお問い合せください。
      • (注3)
        Personal Editionは除きます。サーバの場合はOracle要件やCPU数により導入エディションを検討してください。また、サーバとクライアントでバージョンを合わせておくことを推奨します。サーバとクライアントでバージョンが異なる場合・Oracleがご利用のOSに未対応である場合は、動作保証できない事がありますのでご注意ください。
      • (注4)
        Windows 10の対応エディションは、Pro / Enterpriseとなります。
        Windows 8.1の対応エディションは、Pro / Enterpriseとなります。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ