スマートファクトリーの構想立案をサポートスマートファクトリーワークショップ

ビジョン策定から施策の具現化までを一貫してサポート

スマートファクトリーを進めるにあたり「何から進めればよいのかわからない」というお客様に対し、デザインアプローチを基にした共創ワークショッププログラムによって、目指す工場のビジョンや実現のロードマップ策定、必要な情報(KPI)の整理、具体的な活用イメージを明確にします。

従来の課題
取り組み効果
従来の課題
  • 工場のスマート化を進めたいが、何から始めたらよいか分からない
  • AIやIoTの導入を検討しているが、導入の目的が曖昧
  • 関係者が沢山おり、実現したい姿や取り組みの優先順位がまとめられない
  • 関係者を一同に集め検討したいがコロナ感染リスクとなる
取り組み効果
  • 成功プロセスに沿ったプログラムで短期間で効率的に議論
  • スマート化の企画構想を経営層から現場までが共感
  • ソリューション導入の目的が明確化になり、スムーズかつ精度の高いプロジェクト進行が可能
  • デジタルコラボレーション技術の活用により仮想空間上で検討が可能

スマートファクトリーワークショップの特長お客様のアイデア創出をしっかりとサポートするための3つのポイント

  • デザイン思考やDXの教育

    デザイン思考とは何か、DXとは何か?というお客様の疑問点を解消致します

    デザイン思考
    デザイン思考
  • 先進事例やアイデア創造コンテンツ

    新しいアイデアを効率的に生み出して整理するための工夫をご用意しています

    先進事例
    先進事例
  • DX技術のナレッジを持つファシリテーター

    アイデア出しのアドバイスや潜在的なニーズを抽出するインタビューを通してワークを進められます

    ファシリテーター

プログラムの構成

ワークショップを通して、関係者で議論しながら、工場のスマート化のありたい姿、取り組み課題、解決施策、必要なKPIをまとめていきます。ワークショップ後の報告時に、施策を実現するためのソリューションや実行ロードマップ案のご提案を致します。

アウトプットイメージ

  • Day 1実現したいビジョンを描く

    <ビジョンマップ><ビジョンマップ>デジタル活用で実現したいことをマッピング
    <ロードマップ><ロードマップ>ビジョンの実現に向けた実行計画を策定
  • Day 2実現に向けた課題を整理する

    <課題2軸分析><課題2軸分析>取り組み課題や施策の優先度を分析
    <目的施策体系図><目的施策体系図>目的から課題、施策までを深ぼりして体系化
  • Day 3実現イメージを具体化する①

    <KPIマトリクス><KPIマトリクス>課題解決に必要なKPI、データを整理
    <理想の物語><理想の物語>理想のデータ活用のシナリオをグループで共有
  • Day 4実現イメージを具体化する②

    <課題-KPIストラクチャー><課題-KPIストラクチャー>課題、施策、KPIの関連付け
    <見える化ラフスケッチ><見える化ラフスケッチ>KPIの見える化のイメージを具体化

活用事例

多くの製造業のお客様が、ワークショップを通して、関係者間でスマートファクトリーのビジョンや施策を明確化することで、プロジェクトを進めることに成功しています。

  • 食品メーカー食品メーカー
    取り込み背景
    新工場のビジョンである「安全・安心」を届ける工場の実現に向けて、品質、設備、ユーティリティのデータを活用した高効率な生産が必要
    目指す工場
    「安全・安心」に挑戦するスマート工場
    重点取り組みテーマ
    1. 各工程の生産状況をタイムリーに可視化
    2. 工程、原料の品質情報管理によるトレーサビリティの実現
    3. 電力量、空調、流量等のユーティリティ情報を一元化
    お客様の声
    最新技術動向や他社の取り組み事例なども見ながら、いつも の視点と違った議論でき、改めて新しい発見ができた。
  • 事務用品メーカー事務用品メーカー
    取り込み背景
    革新目標「指図遵守率95%以上、納期遵守率100%達成」に向けて、スマートファクトリープロジェクトが発足
    目指す工場
    「スマートものつくり革命~見せる、止まらない、つながる~」ものつくりへ
    重点取り組みテーマ
    1. 生産状況のリアルタイム可視化
    2. 設備保全の高度化
    3. 作業員の標準化、技能伝承
    お客様の声
    部門毎にビジョンを描くようなワークショッププログラムを実施することで、複数部門の取り組みレベルを統一しながら進めることができた。
  • 重工メーカー重工メーカー
    取り込み背景
    事業の急成長に伴い、工場の高効率生産に向けたスマートファクトリー化が必要
    目指す工場
    革新的なデジタル活用により世界最速のスピードで顧客要望に応え、人を大切に信頼されるスマート工場
    重点取り組みテーマ
    1. 品質、生産情報の見える化による早期問題発見、解決
    2. リードタイム短縮に向けた人作業の効率化、自動化
    3. AIの活用による製造工程の安定化、不具合ゼロ
    お客様の声
    短期間で関係者とビジョンを共感し合いながら、 実現に向けたアイデアをまとめることができた。 プロジェクトの推進に今回の成果物を活用したい。
  • 自動車部品メーカー自動車部品メーカー
    取り込み背景
    工場内の老朽化したFAシステムの刷新に向け、DXプロジェクトを推進したいが、推進方法や関係者間での合意形成が課題
    目指す工場
    1人ひとりが考える力を伸ばし付加価値を生み出せるリーディングカンパニー
    重点取り組みテーマ
    1. 設備の安定稼働と不良低減に向けたデータの蓄積・活用
    2. 設備の予防・予兆保全、AI活用
    3. 多能工化による職場力の向上
    お客様の声
    5年後の目指す工場に向けて、課題が明確になり、DXに対する具体的な取り組みが見えた。計画を立ててすぐに実行に移していきたい。

構想立案をリモートで支援

  • ご自宅や会社からでも参加できる「リモートワークショップ」を実施中
  • 変化が激しい今だからこそ、ビジョン/方向性を考える場としてご活用ください

サービスメニュー

実施メニュー概要・狙い・留意点ワークショップ回数
スマートファクトリー構想立案(Day1~Day4)
  • Day1:実現したいビジョンを描く
  • Day2:取り組み課題を整理する
  • Day3:実現イメージを具体化する①
  • Day4:実現イメージを具体化する②
スマートファクトリー化のビジョンから施策立案までを一気通貫で実施
【狙い】
  • 経営層から現場の一体感を高める
  • データ活用施策を立て優先順位をつける
4回
工場データ活用構想立案(Day3~Day4)
  • Day3:実現イメージを具体化する①
  • Day4:実現イメージを具体化する②
データ活用イメージの具体化にフォーカスし、課題・施策・KPIを整理し、施策体系図にまとめる
【狙い】
  • 具体的な施策を立て優先順位をつける
2回
ビジョン策定ワークショップ(Day1)
  • Day1:実現したいビジョンを描く
スマートファクトリー化のビジョンのイメージを膨らませて、ビジョンマップやロードマップとしてまとめる
【狙い】
  • ありたい姿のイメージや優先順位を共有する
1回
KPIワークショップ(Day3)
  • Day3:実現イメージを具体化する①
データ活用イメージの具体化にフォーカスし、課題・施策・KPIを整理し、KPIマトリクスにまとめる。
【狙い】
  • 必要なKPIを整理し、具体的な施策を立て優先順位をつける
1回

※本製品の価格については下記フォームよりお問い合わせください。なお、サービス費用は別途お見積りいたします。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ