GTM-MML4VXJ
Skip to main content

生体シミュレーション


生体シミュレーションプロジェクトの概要

  生体シミュレーション開発室では、コンピュータシミュレーションを活用した新しいサービスの研究開発ならびに事業化に取り組んでいます。

  臨床現場においては、医師の知識や経験にもとづき、様々な診断が行われています。また、さまざまな侵襲的な検査や治療が行われています。我々は、コンピュータシミュレーションを活用することにより、医師や患者の負担を少しでも軽減することが出来るサービスの実現を目指しています。

  そのひとつとして、現在取り組んでいるのが心臓シミュレータの研究開発です。 2007年より東京大学大学院の久田俊明特任教授、杉浦清了特任教授らと共同研究を進めています。医療画像などをもとに、患者の心臓をコンピュータの中で精緻に再現し、仮想的な治療を行うことを目的としています。

  現在、植え込み型除細動装置の電極位置の最適化や、先天性心疾患患者への外科手術の最適化に関する臨床研究を進めています。

ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200 富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら