電子メールコンプライアンス・情報漏えい対策
支援パッケージ
FUJITSU Security Solution
SYNCDOT MailAudit
(シンクドット メールオーディット)

メール事故の水際での防止と内部統制、コンプライアンスの強化

SYNCDOT MailAuditは、MailKeeperとMailDefenerの機能に上司承認機能を加えたパッケージ製品です。メールアーカイブに加え、「上司承認」「添付ファイル暗号化」などのセキュリティ対策を施すことにより、組織のセキュリティポリシーに沿ったメール運用を維持します。

【SaaSサービス】
パッケージ製品を元にビジネスメールのコンプライアンス対策をクラウド型SaaSサービスとして提供。Office365のジャーナルメールの保存・監査にも対応します。

メールのコンプライアンス、こんな不安はありませんか?

  • 送る前にチェックできないの?重要なメール、契約書、見積書など、部下が社外に送るメールは必ず事前に確認したい。
  • 情報漏えいの抑止力を高めたい「自社メールはすべて監査されている」とわかっていれば、下手にリスクを冒して危険な行為をするケースが減るはずなのだが。
  • 添付ファイルの暗号化って面倒・・・添付ファイルの暗号化について、ルール化から教育までしっかり推進ているのに、つい忘れてそのまま送付するとか、もう少し楽な方法はないのだろうか。

SYNCDOT MailAuditの特長

3つのポイント

  • 上司の承認をもって送信を許可上司承認機能により、「送ってはいけない」メールについて本人と上司に「気づき」を与えます。フィルタリングによるメール送信の許可・拒否・破棄の判別も可能です。
  • 送受信メールの監査メールを法的な証拠として保存しておくことで、不正利用に対する抑止力として働きます。第三者による事後監査も可能です。
  • 自動的に暗号化特定の送信先への添付ファイルは、送信時に自動的に暗号化するよう設定が可能です。万が一メール誤送信が発生しても、添付ファイルからの情報漏えいを防ぐことができます。

FUJITSU Security Solution SYNCDOT MailAuditに関するお問い合わせ

ページの先頭へ