ユーザーアカウント情報の一元管理・配信を実現する統合ID管理基盤製品

LDAP Manager

アカウント管理における問題点

複数システムの膨大なアカウント情報の修正

人事異動の度に、膨大なアカウント情報の修正作業(システム数 × アカウント数)が発生することで、これらの問題がおきていませんか?

  • アカウント管理のコストがなかなか減らない
  • 利用者からのパスワードリセット要求が多発するため、セキュリティポリシーを厳しく出来ない
  • 不要アカウントや不明アカウントが残り、セキュリティホールになっていないか不安がある
  • 複数システムのユーザーを、紐付け(統合管理)出来ず、誰が誰だか分からない

解決策

アカウント情報を一元管理

LDAP Manager(エルダップ マネージャー)は、LDAPサーバーを中心としたユーザー情報統合管理システムを構築するための製品です。
さまざまなシステム(注)で氾濫しているユーザーアカウント情報を一元管理し、同期を取ることができます。
一元管理することにより、アカウント管理、パスワード変更も、1ヶ所のメンテナンス作業だけで全システムへ反映されるため、管理者、エンドユーザーの負担が軽減され、結果としてより高度なセキュリティを確保することが出来ます。

  • (注)
    IDaaS、SaaS、Windowsドメイン、DBシステム、異なるディレクトリー、業務アプリケーションなど

LDAP Manager の特長

  • ゼロトラスト対応に向けたID統制の実現

    ゼロトラスト対応で重要となるID統制のため、オンプレミスからクラウドサービスまで様々なシステムのIDを管理することが可能です。

  • ユーザーID統制によるセキュリティ強化

    人事イベントに合わせたユーザー属性の変更を一元管理し、各業務システムに連携することで、ゴーストIDの撲滅や、権限管理が容易に実現できます。

  • メンテナンス負担の軽減

    一方向連携のシンプルな構成により、ユーザーアカウントの管理やシステムメンテナンスが容易となり、メンテナンスにかかる負担が軽減されます。

  • 管理者作業負荷の軽減

    ユーザー情報の個別登録・変更・削除を行うWeb画面、および利用者のパスワード変更画面を標準で用意しており、管理者のメンテナンス作業負担を低減できます。

商標について

  • LDAP Managerはエクスジェン・ネットワークス株式会社の商標または登録商標です。
  • Lotus、Lotus Domino、Lotus Notes、NotesはIBM Corporationの商標または登録商標です。
  • desknet’s、desknet's NEOは株式会社ネオジャパンの登録商標です。
  • cybozu、サイボウズ、ガルーンはサイボウズ株式会社の登録商標です。
  • Google Workspace、G Suiteは、Google inc.の登録商標または商標です。
  • このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
  • その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。
  • 仕様および価格は改良のため予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
  • このページに記載されている内容については、改良などのため予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ