真のデジタル変革を実現するためのモダンアプリケーションへの移行の最善手とは

デジタル変革(DX)を実現していくため、既存システムを「コンテナ上のアプリケーション」へとモダナイズする取り組みが広がっている。だが、その行程には多くの障壁も立ち塞がっている。対して富士通は、アプリケーションのモダナイズに関する課題を解決し、企業がDXを加速させていくための基盤となる「FUJITSU Hybrid IT Service Digital Application Platform」を提供している。

なぜ日本企業はDXが進まないのか

DXの機運の高まりとともに、多くの企業においてDXに向けた取り組みが積極的に進められている。だが、効果を挙げられているのは業務効率化が中心で、多くの企業は業務自体のデジタル化、および、ビジネスモデルの変革にまで至っていないのが実情ではないだろうか。その背景には、デジタル化された新しい業務と、従来のレガシーシステムによって行われている既存業務が分離し連携していないこと、また、デジタル化に不可欠なIT人材の不足等が挙げられる。

本来目指すべきDXを実現していくためには、外部環境やビジネスの変化に応じて業務プロセスを柔軟に変更可能な「モダンアプリケーション」へとシステムを移行していかなければならない。その際には、すべてのシステムを一度にモダナイズしようとするのではなく、変えるべき・変えないシステムを見極めて戦略的な計画立案に基づいて実施していく必要がある。具体的には、1、アーキテクチャを完全に刷新し新規に開発するもの、2、変更が容易なアーキテクチャへ移行するもの、3、変更を行わず今後も継続させていくもの、の3つに分類し、それぞれに必要な対応を図っていくことが肝要だ。

また、モダンアプリケーションの効果的な活用には、先端テクノロジーやオープンソースソフトウェア(OSS)、アジャイル開発等、従来と異なるスキルを有したIT技術者が不可欠となる。同時に、モダンアプリケーションの開発、運用を支援するITパートナーには、日本企業のシステムの特性を熟知し十分なサポートを提供するシステムインテグレータの選択が必須だ。

続きは、以下の資料よりご覧いただけます

ホワイトペーパー「真のデジタル変革を実現するためのモダンアプリケーションへの移行の最善手とは」をダウンロード

収録内容

  • なぜ日本企業はDXが進まないのか
  • アプリケーションのモダナイズを促進するDigital Application Platformの3つの特長
  • Digital Application Platformを活用した3つのモダナイズ事例

(注)資料のダウンロードにあたり、簡単な登録が必要です。

FUJITSU Hybrid IT Service に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ