製造業向け新世代生産管理システム

FUJITSU Enterprise Application
GLOVIA G2

コンセプト

GLOVIA G2は、生産管理パッケージ「glovia.com」をベースとして、RIAおよびSOA基盤を実装し、操作性・機能性を向上させた新世代の生産管理システムです。
生産管理業務の効率化、迅速化に向けて新世代の技術を導入しており、グローバルレベルでの操作性向上を図り、各拠点でのオペレーションの迅速化、情報のリアルタイム化を実現します。
また、様々なプラットフォーム(OS、ブラウザ、デバイス)に対応していることにより、事業の規模、利用シーンに合わせた導入が可能になります。
GLOVIA G2は最新のテクノロジーや機能を随時取り入れることにより、新しく導入されるお客様も、すでに導入済のお客様にも安心して長く使っていただけるシステムとなっております。

特長

幅広い製造業務のグローバルビジネスを強力に支援するGLOVIA G2

  • ミックスモード生産ソリューション
    量産型、個別受注型、プロジェクト生産型等の複数の生産形態の混在に対応します。
    見込・大量生産に加えて製品の一部を個別受注型の生産とするミックスモードの生産形態にも対応しています。
    • 詳細を見る
    • 「ミックスモード生産ソリューション」とは

      計画生産から受注生産まで、多様な生産形態に対応します。
      見込・大量生産に加えて製品の一部を個別受注型の生産とするミックスモードの生産形態にも対応しています。見込生産から個別受注生産、プロジェクト型生産まで幅広くカバーしているため、複数商品の並行生産や試作~量産~終息の製品ライフサイクルを見ながら柔軟な生産形態を採用することが可能です。また、企業の生産形態が変わった場合でも、ERPシステムを変更する必要がありません。

      製品・部材・外注品(有償・無償)や製品設計・出荷・据付作業といったサービスなど、様々な品目種別を持ち合わせており、計画生産から受注生産の混在に柔軟に対応します。

  • 個別受注生産ソリューション
    商談から設計・受注・出荷・アフターサービス・設置までの一貫した管理を実現します。
    標準品・非標準品を混在させた個別受注生産と計画生産の混在に対応します。設計・据付・調整・アフターサービスなどの原価も一元管理できます。
  • 多彩な生産管理機能を提供
    モジュールの組み合わせで、量産型、個別受注型、プロジェクト生産型など多種多様な製造業種、製造業態に対応できます。

GLOVIA G2 の特長を動画でご紹介します

GLOVIA G2がお客様のビジネスを変える

  • 生産管理システムの段階導入
    「低リスクで、確実に、効果を出しながら」導入することを可能とする「段階導入」を推奨しています。
    段階的に工場全体へ、企業全体へ、さらにはグローバル含めた企業グループ全体へと展開していくことで、一度に多大なシステム投資を行うことを避け、より効果的なシステム投資を続けていくことを可能とします。
    • 詳細を見る
    • GLOVIA G2が推奨する「段階導入」とは

      生産管理システムGLOVIA G2が推奨する導入手法は、 はじめに、ある特定の業務分野に導入範囲を絞り込み、プロトタイプを用いて実際の業務にフィットするかを確認し、効果を確認しながら次の範囲へと徐々に展開していく「段階導入」を推奨しています。

      段階的に工場全体へ、企業全体へ、さらにはグローバル含めた企業グループ全体へと展開していくことで、一度に多大なシステム投資を行うことを避け、より効果的なシステム投資を続けていくことを可能とします。
      最終的には企業グループ全社の仕組みをシームレスに連携し、市場や経営方針の変化に迅速に対応させることを最終ゴールとして、各ステップの投資対効果を着実に経営層へ明示することで、効率良くプロジェクトをゴールへと向かわせることができます。

      また、「使いながら」「評価しながら」「効果を出しながら」のステップを踏んでいくことで市場の変化、トレンドにも素早く・容易に追従することが可能になります。

  • 情報共有や意思決定を支援
    ERPの複雑かつ多様な情報を、全ての利用者が使いやすいようにと設計された「GLOVIA G2」ポータル、リッチインターネットアプリケーションを活用し、複雑な生産管理の異常発見、課題解決へと適切にナビゲートします。
  • 長く安全に使い続けられるアーキテクチャー
    GLOVIA G2の生産管理ERP層のシステムアーキテクチャーは、常に各世代のデファクトスタンダード技術・プラットフォームに対応しており、プログラムソースコードの変更なくプラットフォームが変更できます。
    生産管理システムは環境の変化に対応しつつ長い期間安心して使えることが重要と考えたアーキテクチャーを持っています。

製品情報

    • サーバ

      動作OSビジネスロジック
      サーバ
      【Microsoft Windows x86】
      • Windows Server 2008 Standard/Enterprise
      【Microsoft Windows x64】
      • Windows Server 2008 R1/R2 Standard/Enterprise
      • Windows Server 2012 Standard/Datacenter
      【Linux x86】
      • Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4.0, 5
      【Linux x86-64】
      • Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4.0, 5, 6
      【Oracle Solaris x64(SPARC)】
      • Solaris 10, 11
      Webサーバ
      • Windows Server 2008 Standard/Enterprise(x86, x64)
      • Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
      • Windows Server 2012 Standard/Datacenter
      データベース
      • Oracle Database 11g R1 Standard/Enterprise(11.1.0.7.0以降)
      • Oracle Database 11g R2 Standard/Enterprise(11.2.0.2.0以降)
      • Oracle Database 12c
      • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard/Enterprise
      • Microsoft SQL Server 2012 Standard/Enterprise
      • Microsoft SQL Server 2014 Standard/Enterprise

      クライアント

      Webブラウザ
      • HTML5対応のOS/Webブラウザ
        (Microsoft Internet Explorer 8以降、Chrome 38.0.2125以降 など)

      [注]

      • Windows Server、Internet Explorerは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

      その他、会社名、製品名、名称などの固有名詞は各社の登録商標または商標です。
      本ページに記載されているシステム名、製品名称等には必ずしも商標表示を付記していません。

    • 教育コースマップ

      GLOVIA G2教育コースにつきましては、ご要望による個別開催となります。詳細はお問い合わせください。

      No.コース名コース概要対象
      IT部門製造現場
      1基本コース製造業に特化した統合パッケージGLOVIA G2の基本的な流れについて最新の日本語版製品を操作しながら理解する。
      2アドバンストコース製造業に特化した統合パッケージGLOVIA G2の受注生産形態を支えるモジュールの機能/設定について最新の日本版製品を操作しながらより深く理解する。
      3運用管理コース製造業に特化した統合パッケージGLOVIA G2のシステム運用を行う上で必要な機能(ユーザ管理、データ削除)について最新の日本語版製品を操作しながら理解する。
      4GLOVIA G2 VM
      (SuperLayer)開発コース
      開発環境Super Layerを使用し、メニュー、スクリーン系の業務アプリケーションを作成するための基本的な開発手法を理解する。
      5ダッシュボードコース製造業に特化した統合パッケージGLOVIA G2のBIツールについて、利用者向けの操作と開発者向けの開発方法について理解する。

イベントセミナー

  • 2017年7月19日~7月21日
    イベント
    • 「生産システム見える化展」出展

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2に関するお問い合わせ

ページの先頭へ